日々のたね

やさしい時間、珈琲時間

2016.05.25
(その他)

525
ドリッパーの中で豆がモコモコ膨らんで
褐色の一粒一粒が香りとともに落ちて溜まるのを
じっくりと待つー。

ゆっくりと淹れた分だけ、
香りも味も優しくなる気がする。

 

ハンドドリップの楽しみを覚えたのは、
ここ1年ほど。

寝つきの良くない体質を気にして
日中だけの楽しみにしていたけれど、
夜も珈琲を楽しめたらいいのになぁ・・・
そう思った頃、友人がディカフェ(カフェインレス)専門の
珈琲焙煎所を始めたことを知った。

聞けば、日本ではこれまで
産地を限定するなどした本格的なディカフェの珈琲豆は
ほとんど流通がなかったそうで、
友人は妊娠期間のカフェイン摂取制限をきっかけに、
自分で生豆を仕入れて、まずは自分の楽しみに焙煎を始めたという。
凝り性な彼女らしいと思った。

 

自分と、周りの人、そこから繋がった人たちへ大事に届けたいと、
少量ずつのこだわりの手焙煎。

いつもの珈琲と変わらない本格的なディカフェ珈琲を待ってた、
という周りの声が意外に多かったことも
焙煎所を始めての嬉しい驚きだったそうだ。

 

ホッとするいい香りで、
きちんと美味しい。
その人柄が湯気にホンワリ滲むような
彼女の珈琲を、すぐ好きになった。

そんな彼女、
一児の母でもある 『ドゥビドゥビ珈琲焙煎所』 飯尾ななえさんが
今度の風のマルシェに参加してくれることになった。
ご本人によるドリップの試飲会も。
お店に広がる珈琲のいい香りを想って、
今からとても楽しみだ。

 

寝る前の一杯、贅沢な時間。
いい夢が見れそう、
おやすみなさいーーー。

co

(タニグチ)

 

ドゥビドゥビ珈琲焙煎所さんの試飲販売会のほか、
夏直前、元気になれる美味しいものがたくさん集まります!

「風のマルシェ」
2016年6月18日(土)11:00〜
風の栖 庭小屋にて