風のたより
[ ストーリー ]
2016.10.06

自分の感受性ぐらい


%e5%86%99%e7%9c%9f

自分の感受性くらい自分で守ればか者よ

ある作家さんの工房の壁に貼られていた詩の一編。

こんなに素晴らしい物を制作して、いつも明るい彼の、自分と向き合っている深い精神に触れた気がしました。

身の引き締まる思いがして、体の奥底のもう一人の私に、ばか者よ!!って言われた気がした。

%e5%86%99%e7%9c%9f-3

しなやかに生きることは、決して流されるのではなく、 とても強く、厳しいこと。

isidatami

誰のせいでもない、今ある私。
選んだのは、私。
謙虚さと、感謝を忘れない為にもノートに書きうつす。

%e5%86%99%e7%9c%9f-4

(ムラカミ)


カテゴリー

アーカイブ