風のたより
[ ストーリー ]
2016.10.20

お風呂にお湯が入ってなくても


hana2-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

同じ出来事でも人によって見方が全然違うというのは
よくあることです。

私ができればそうしたいと思っていることの一つに
「同じことなら笑っていたい」ということがあります。
笑い飛ばせたほうがいろいろ気持ちがいい。

とはいっても、仕事や育児でバタバタしていると、
特に平日は気が焦りがち。
ご飯やお風呂ですら思い通りに進まないことに焦ってしてしまうことが多いのです。
思わず「早く、早く!」を連発して、後でまたやっちゃった〜と自己嫌悪。

そんなある日。
スタッフが貸してくれたフクダカヨさんの絵日記の一場面が
とても印象に残りました。
すっぽんぽんになって「さ〜お風呂に入ろう!」
と子どもたちとお風呂場に行ったら
あらー、お湯が入ってないという場面が。
すごいなと思ったのは、
[これで盛り上がりはMAX!] って描いてあって。

えー、お風呂にお湯が入ってない状況を見て、みんなで盛り上がれるんだ!
と目からウロコ。
しかももうみんな入る準備万端なのに。
私なら、「お湯入ってない!しまったー!なんでー。」
とか怒ってしまいそうな場面。

まだまだ修行が足りませぬ。

同じ笑うでも、この間は息子がやったちょっとした失敗を笑ったら、
急に息子が涙目になって、
「そこは・・笑うところじゃないっ!」と怒られてしまいました。
あちゃー。難しいものです。

カヨさんみたいに捉え方の違いで笑えるタイミングを増やして、
ほがらか人間を目指そうと思うのです。

(ミヤガワ)


カテゴリー

アーカイブ