風のたより/ストーリー
[ ストーリー ]
2017.05.26

庭の花を生ける


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

白いホタルブクロが2本咲きました。

 
3年前、裏庭で消えかかっていたのを移植して、
やっと花を咲かせてくれたのに誤って1本折ってしまいました。
つっかえ棒をしたり、結んで見たり‥‥‥
諦めて、焼き締めの花器に生けました。

 
焼き締めの花器は、土と灰と炎だけで描かれる偶然の景色も魅力的です。
水が腐りにくく、花持ちが良いので出番が多いです。
そして、なにより、釉薬の色がないので花が主役になります。
クルクル器を回しながら、花が一番美しく見える向きを探します。
花器と一本の花でつくる、小さな世界の大いなる美しさ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
全く私だけのこだわりですが。

 
さて、この季節、野アザミもまた美しい花を咲かせます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年は裏庭に、立派なアザミが咲きました。
大きな葉は痛くて痛くて触れないくらい元気です。

 
これから楽しむ、フジバカマやワレモコウも肥料なしで、グングン伸びてます。
山野草は、楚々として可愛いはずだけど、なぜか我が家のは大きいのです。
そんな庭なので、そこから避難させたホタルブクロ。

 
その年の気候に任せて、強い子が育つ庭です。
弱ってきたら、避難もさせます。

 
それでも、みんな頑張れ。私の大好きな花達。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
備前、信楽、立杭、益子‥‥各地で収集した焼き締めの器を並べて、
季節の山野草を飾ります。

 

(ムラカミ)


カテゴリー

アーカイブ