• トップ>
  • 風のたより/ストーリー

風のたより/ストーリー

風の便り
[ ストーリー ]
2017.06.16

家と町のはなし


FullSizeRender

今の家に引っ越してきてもうすぐ一年が経つ。

 
家から徒歩5分圏内にポツポツとお店が立ち並ぶ。
大学が近いから安くてボリュームのある食堂が何件もあって、
コロッケの美味しいお肉屋さん、魚屋さん、ラーメン屋さん、
居酒屋さん、ビストロがある。そしていつも賑わっている銭湯。
小学校も近いのでファミリー層も多く平和な町に住んでいる。

 
私にとって人生で初めての一軒家にすんでいて
土壁のちょっぴりぼろい町家。

 
二階の窓をあけると土手の階段が目の前で
いつもそこに猫の家族がくつろいでこっちを見ている。

image1

「やぁ」と声をかけても返事はしないし、近づいたら逃げてしまう。

 
春、家の周りの桜たちはたくさん花を咲かせた。
でも、それより先に家の真ん前の大きな大きな木が花を咲かせていた。
桃かな?梅かな?分からなかった。

 
特に気にせず日々を過ごして桜も散ってしばらくして大きな木には実がついていた。
緑の丸い実 あーなんだろう。

 
またそれから時間がすぎて5月の半ば
家を出てこつっ、何かを蹴った。
ぷちっ、何かをふんだ。
甘い甘い匂いが広がる。

image2

足元をみると、オレンジ色の実が一面に広がっていた。
綺麗な実をふいて皮をめくって一口噛んでみた
甘酸っぱい。これは梅…?

 
ちょうど隣のおばあさんがでてきて、
これが梅だと教えてくれた。誰も手入れしていない木だから、
緑の時に落ちてきたのを拾って漬けたらいいよと教えてくれた。

 
好きな映画の中に、家の庭の木の梅を家族で収穫していたシーンがあり、
いつかやりたいと思っていたし、これはとても良いことを聞いた。
でも、まだまだ一年またなくてはならない。
一年後忘れていませんように。

 
いろんな発見があって
楽しくてとても居心地の良い住みよい町。

 
住みだしてもう一年
まだまだ一年
予定ではあと一年お世話になる予定。
これからもよろしく、町、家。

 
ひとつだけ言うとしたら、次は部屋が斜めになってないところにすみたい、かな。

(サカモト)


[ ストーリー ]
2017.06.02

ナニキル?イロドル??


イロの組み合わせって無限大。
気分によっても
季節によっても
天気によっても
目的によっても

どんどんドンどん
日毎えらぶイロの組み合わせは広がっていく。

1

ナニキル?
ナニアワス?

2

最小限の無限大。

イロの可能性を考えてみることも
楽しいコーディネイトのひとつかも。

3

<ナカムラ>


[ ストーリー ]
2017.05.04

夏みたいに暑かった日曜日


青い青い空の下で赤い鳥居を前に
力強く太鼓の音が響く京都のイベントに行ってきました
image1
示し合わせたわけではないのに友達全員が青色の服を来て集まったり、
約束してなくてもたくさんの友達に会えたりして
好きなことはみんな一緒だなぁ‥と。

 

ご飯を食べ終わった頃に始まった
太鼓のサンバパレード!
力強い音がお腹の奥まで響いてきて
自然と人も集まりいつのまにか太鼓の後ろは大行列!

image3

どんどこどんどこ

 

みんなが踊りながらついていきます
絞り染めのお洋服をきた子供たちが楽しそうに踊って
大人たちは少し照れつつお酒の力をかりながらも楽しそうに踊ります

image4

音楽が初めてあったばかりの人たちを
ぐるっとひとつにしました。

 

どんどこどんどこ
ぴーぴー

 

笛の音も入ってどんどん音楽が体にいきわたっていき体が自然と動く
あらためて体で感じる音楽のパワー

 

終わった頃にはみんなが笑顔で汗をふいていました。
暑い日差しの下にふわっと優しい風が吹いて
ああ、夏が始まるんだなぁ。
暑いけど楽しい夏

 

次はどんな音楽を感じに行きましょうか。

 

(サカモト)


[ ストーリー ]
2017.01.12

明けましておめでとうございます。


ひなた様 のコピー
明けましておめでとうございます。
2017年を迎えました。

猫のヒナタ共々元気に迎えることができました。

お正月休みで、お客さまやスタッフが居ないと寂しいのか,
ますます甘えん坊になって、膝っこ、膝っこと狙ってきます。
こんな時は、しっかり甘えさせて、私もゆっくりヒナタとの時間を楽しみます。

ところで、ヒナタからも、ご挨拶させてくださいとのことです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いつも、可愛がっていただきまして、ありがとうございます。
僕も今年で8歳になります。少しずつではありますが、
風の栖の店長の自覚も身についてきました。
今年も、みなさまのお越しを心からお待ちしています。
お店に来られた時は、是非、ヒナターとお呼びください。
目を開けて、ミァーと返事いたします。
ただ、気まぐれな性格で、日向ぼっこと、寝る事も大事な仕事ですので、
失礼する事が多いと思います。
その時はお許しください。
今年も僕に、みなさまの笑い声を沢山お聞かせください。 ヒナタ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
あら、もう寝てます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リッラクスしている姿を見ているだけで、今年もゆっくり、始まっていきそうです。
さぁー私も沢山笑える事見つけよう。2017年も一回しか無いですものね。
(ムラカミ)


[ ストーリー ]
2017.01.05

大晦日・心の煤払い


img_1370
ここ何年か、
晦日か大晦日の日が暮れ始める少し前、
ふらりと散歩に出ることが恒例になっています。
年の瀬の習慣…というわけではなくて、
遅い年賀状を投函しに行くのですが、
年末のちょっとした時間、
今年は新しい年に向けての
心の煤払いになったような気がしています。

慌しい日常から少し距離を置いて、
何に急かされることなく、
風のない穏やかな空の下を、ぼっちら、ぼっちら。
道端に、意外にも緑が多いことや、
中には小さな花をつけているのに気づいたり。
季節の移ろいを感じること。
一日毎、無事に過ごせたこと。
好きな場所で、好きな人と会えること。
喜びを分かち合えること。
そんなこんなを、想うともなく思い、
一年の無事に感謝しながら深呼吸したら、
心にもすっきり青空が広がったようでした。

そして、穏やかに始まった新年、
また、どんなうれしい出会いがあるでしょうか。
たくさんの笑顔と幸せが、みなさまに、私たちに、
いっぱいいっぱい訪れてくれますように。

今年も、この大好きな場所で、
皆さまのお越しを楽しみにお待ちしています!
(タニグチ)


[ ストーリー ]
2016.10.06

自分の感受性ぐらい


%e5%86%99%e7%9c%9f

自分の感受性くらい自分で守ればか者よ

ある作家さんの工房の壁に貼られていた詩の一編。

こんなに素晴らしい物を制作して、いつも明るい彼の、自分と向き合っている深い精神に触れた気がしました。

身の引き締まる思いがして、体の奥底のもう一人の私に、ばか者よ!!って言われた気がした。

%e5%86%99%e7%9c%9f-3

しなやかに生きることは、決して流されるのではなく、 とても強く、厳しいこと。

isidatami

誰のせいでもない、今ある私。
選んだのは、私。
謙虚さと、感謝を忘れない為にもノートに書きうつす。

%e5%86%99%e7%9c%9f-4

(ムラカミ)


[ ストーリー ]
2016.06.24

わたしたちのものづくり


IMG_3618

型紙をひき、布を裁ち、ミシンを踏む。

この服がいずれお嫁入りする時がくるんだ・・・
と思うと作業する手に思いが込もり、丁寧になります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お店に立つ時間の合間をぬって、
毎日少しづつ手を進め
出来上がったお洋服がお店に並ぶだけで喜びはひとしお◎

 

手塩にかけたお洋服がお客様の手に旅立つ事を、わたしたちは
‘お嫁入り’
と言っています。

‘お嫁入り’の瞬間は、とても嬉しく、少し寂しい。。。

世のお父さんたちは、大事に大事に育てた娘が
旅立つとき、こんな気持ちになるのかな。

securedownload

その生地の個性に合うような釦を一つ一つ選んで、
ときには、看板猫の ひなた も
服作りをお手伝い?してくれたりして。

 

風の栖では、そうしてオリジナルのお洋服をつくっています。

(ナカムラ)


[ ストーリー ]
2016.06.02

自然農 とようけのもり


自然農1

1年前に東京から単身で奈良の山中に移住。
古民家を改装して自然農を始めた女の子と友達になった。

私の家から自転車で40分くらいかかる彼女の「とようけのもり」を
訪れるのが私の楽しみになっている。

1年前荒れ地だったところが、どんどん
緑豊かな美しい食べられる畑に変身しつつあるのは本当に見事!

何といっても楽しみは
オープンキッチン、オープンダイニングで
みんなで創ってみんなで囲む食卓。

自然農2

四季折々の自然美と自然農の畑で採れるお野菜
食卓に並ぶお料理のハーモ二―が美しい。

文字通り「地に足着いた」、「足るを知る」生活。

マザーアース(母なる地球)とひとの共同作業が
農耕民族の日本人DNAを刺激するのか
いつも新鮮な感動、安心感を持ち帰らせてもらっています。

「とようけのもり」のプロジェクトは、まだ始まったばっかり。
これからの進展に目が離せません。

 

 

自然農といえば代名詞ともいえる川口由一さんも出ていらっしゃる
ドキュメンタリー映画、『Final Straw 〜自然農が教えてくれたこと』の上映会が
風の栖の庭小屋で開催されます。
当日は監督ら3名との交流の時間もあるので、ぜひ会いに来てくださいね。

『Final Straw~自然農が教えてくれたこと』上映会
2016年6月11日(土) 18:00開場

final-straw-2

(ムラカミ ア)


[ ストーリー ]
2016.05.12

めぐる季節 新しい景色


hibi0511_2

庭の沙羅双樹が青々と繁るのを見て
季節のひとまわりしたことを実感する。

去年の4月。
風の栖のスタッフに仲間入りした頃、
庭は新緑がまぶしく、様々の花が咲いていた。

 

あれから、気づいたら1年。

 

あっという間だった中で
たくさんの出会いと喜びがあった。
向かい風の日もあった。

 

そして今、私はここにいる。

 

また来年もきっと、ここで笑っている気がする。

 

大切にしたいと願う出会いや、かけがえのない日々が
また私の中に増えていくだろう。

 

この春、風の栖には
新しい風が また 吹き始めている。

 

今年も、1年前と同じように、
だけど、全く新しい時間が
動き出している。

 

新しい季節の予感。

 

今年もきっと良い景色にたくさん出会える。

(タニグチ)


[ ストーリー ]
2016.05.05

記憶のにおい Vol.1


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

久しぶりの里帰り。
まだ両親が元気でいてくれることは本当に感謝です。

 

いくつになっても、母の手料理はありがたく、美味しい。
92歳にもなる母は、ゆっくりゆっくり。
一日中台所に立っては何かを作っている。
常備菜作りの天才だ。

 

冷蔵庫の中には、丁寧に作った日付と、材料の書かれた小瓶がびっしり詰まっている。
ご飯がすすむ物ばかり。

床下に鎮座する、50年も経つであろう糠漬けは、絶品で、
相変わらず私の胃袋を刺激してくれます。
毎日欠かさず混ぜて、育てている糠床。
なかなか出来るのもではない。
だから有り難くて、美味しい。

 

そんな親の姿を見て育ったけれど、
私は娘たちにどんな記憶の匂いを残せるだろうか?

 

耐やさないで、つないでいたい記憶のにおい。
大切にしていきたいと思う。

(ムラカミ)


カテゴリー

アーカイブ