風の便り/ストーリー

風の便り
[ ストーリー ]
2017.10.13

スピードを変えると見えてくるもの


IMG_7985

突然ですが、みなさんは電動自転車に乗ったことがありますか?

私は今まで自転車そのものにあんまり乗っていなくて、
移動といえばほとんど車でした。
でも2ヶ月ほど前、母親が自転車を買い替えるタイミングで、
初めて電動自転車が風の栖にやってきたのです。

その自転車をうっかり借りたのが始まりだったのですが・・

初めて乗ったときのことは忘れられません。
ちょっとこいだだけで、最初はこわいと思うほど体ごとグイッと進む感覚!
少々の坂もスイスイ進む快適さ。

「奈良には坂が・・ない!」
とは、先日うちで電動自転車デビューをされたフォトグラファーの角田明子さんの名言ですが、
まさにその通り。
このあたりの移動は、小回りがきく自転車が快適、
なんで今まで乗ってなかったんだーーというほど
自分の中だけで大きく開眼、してしまったのです。

IMG_8025
 
その乗り心地に感激したのは、私だけではありませんでした。
乗り物に目のない4歳男児も、当然はまる。

これを機に・・・

私も電動自転車を手に入れました!
これで保育園の送り迎えをしてみることにしたのです。
毎日自転車に乗るのは、実に中学生以来。

でも、保育園は長〜い坂の上。
朝は朝日の方向で、帰りは夕陽の方向。眩しい。
季節は夏。
 
最初は「くじけるかも」と弱気だったのが、
数日のうちに慣れとは怖いもので、「いけるかも」に変わり、
いつしかすずやかな風の季節に。

IMG_7873

朝は時間ギリギリに必死に坂をあがるので余裕ゼロですが、
帰りに息子とふたり、スーーッと坂をくだるのが
今では幸せな時間になりました。
ときには美しい夕焼けを見ながら、ときには月を見ながら。
こんなふうに毎日空を見られるようになったのは、思わぬ副産物でした。
車ばかりだと気づかなかった景色に、自転車だと気づくのが面白いです。

 
きっともうすぐ彼は彼で、自分の自転車に乗るようになるのでしょう。
でもそれまでの間、一台の自転車で一緒に移動できるこの時間を味わおうと思っています。

 

もし、電動自転車に乗ろうか悩んでいらっしゃる方がいたら、
めっちゃいいですよ! ぜひ一度お試しください!
と個人的に強くおすすめしたい今日このごろです。
 

staff02_miyagawa

(ミヤガワ)


[ ストーリー ]
2017.08.25

わたしの夏休み


わたしの夏休み。お墓参りに、お祭り、キャンプ、BBQに花火。
夏の醍醐味 たっぷりとゆっくりと、満喫することができました。

2

◯がつ△にち 晴☀︎

お墓参りで訪れた京都丹後の田舎道。
お地蔵さんにかけたお水も一瞬で乾いてしまう。
だけれども、道を行くのは虫ばかり。続く林道はなんだか涼しい。

6

◯がつ△にち 晴☀︎ときどき雨☂

ふっと足を運んだお祭り。
はじめは思いの外いる たくさんの人におののいて遠巻きに見ていた。
だんだんと体がうずうず。

雷雨のあとのお祭りは、少しだけ涼しく
浴衣姿の女性たちは、うちわを持って盆踊り。

屋台の匂いに引き寄せられるまま列に並ぶ。
キッズたちをかき分けながら、スーパーボールすくいにまじる 大人。大人って大きい。
長蛇の列 一番人気は、かき氷でした。
お祭り独特の熱気は、暑いはずなんだけどなんだか心地いい。

13

◯がつ△にち 晴☀︎ キャンプ日和◎

キャンプといえばBBQ。カレーにアヒージョ。
ヘタしたらナンにピザ、流しそうめんにバームクーヘンとか言いかねない。
油断のならない私たちの食欲。
たくさんなくても、お空の下で食べる それだけでお腹もふくらむもんですな。

それでも外が暗くなるのが早くなった。
少しだけ、不安になる。暗い ということの不便さ。
あかり があることが当たり前の生活になってしまっていた。

暗くなったら寝るんです。

いえいえ、まだまだ。夜はこれから。
ガス灯をつけて、私たちの夜更かしはつづく・・・。

4

イモリも遊びに来てくれました。
歩けばカブトムシにも出会える。
誰から、と言わずとも花火が始まった。

5

これをやらずに夏は終われない。
今年の夏も、満喫したなぁ。
これにひとつ、海! が加われば より最高の夏である。

みなさま 夏は、いかがお過ごしでしたでしょうか。
全制覇した方もいるのでは ?!

staff18_nakamura
<ナカムラ>


[ ストーリー ]
2017.08.11

海とプールとお魚と


IMG_7549

今年の夏休みは、初めて石垣島とその周辺の島に行った。

空港に着いてレンターカーに乗って少し走り出したときから・・・

わ、わ、わ。

いい、この感じ。
大きな建物はなく、のどかな景色が続く。
さとうきび畑が左右に広がっている。
空気が南国。

今回はいろいろ動くより、ゆっくり海を楽しもうという計画。

・・・だったのだけど、結局は心の赴くまま、海、プール、海、プール・・。
IMG_7008

IMG_7271

IMG_7158

IMG_7465

IMG_7057

ゆっくりどころか、海を見たらテンションがあがる奈良県民の性で、
始終バチャバチャと水三昧な数日間になってしまった。

そんな中でも一番元気なのは4歳の息子で、大人がグッタリしても
「次、行こう!」と。
若いっていいのぉ。

IMG_7585
IMG_7076

夜咲いて、翌朝には散ってしまうというサガリバナという花も初めて見た。
まだまだ不思議で知らないことがいっぱい。
IMG_6991

私はシュノーケリングを初めてやったのは30歳を過ぎてからだったけど、
4歳児、既に使いこなしているし。
「あー、いー、うー、で噛めるねんで」と自慢顔。
いろんなお魚を見られたね。

IMG_7478

夜も、美しい。
波の音に耳を傾ける。
これも奈良県民の夢。

ふと目をあげると、
満天の星。
天の川も見えている。
大きな北斗七星もすぐ見つかる。

 

さて、次の休みは、ニモの映画でも見てみようか。

 

staff02_miyagawa

(ミヤガワ ミ)


[ ストーリー ]
2017.08.04

チェンマイの時間


c1

 
「泊まってみたい宿があったから」
そんな理由でタイの古都チェンマイに行ってきました。

 
日本からは、1度バンコクで乗り継いで約10時間
空港から外に出ると、予想以上の暑さと湿度に出迎えられます。
宿に向かうタクシーから見る街の様子は、「そうそうこの感じ」
暑い国の街ってどこもあんまり変わらないですよね。
暑さに負けるもんか!と、派手な原色のモノであふれている。
きっとありモノを集めて来ただけなんだろうな..と思うような
チグハグな色の組み合わせも
太陽がジリジリ照りつける街に合っていてかわいらしい。
思わず、パシャリパシャリ。

c2
c3

エネルギッシュな街からは少し離れて、
自然の木々にひっそりと隠されている宿に到着。
さっき通った街からは、考えられないような静けさと、アースカラーの世界….
着いたその日に友人が、
「1日は、何もせずここでボーッとする日にしよう」と言った。

c5
朝、鳥達の鳴き声で目が覚めて、
朝御飯をたべたら、そのままプールサイドへ直行。
プールサイドでは主がお出迎え。
c6

おはようイクラちゃん。(勝手に名付けました 笑)
イクラちゃんはプールサイドが縄張りらしい。
気がつくと私たちの寝転んでいるベンチにちょこんと乗ってきて
そのまま爆睡を始めます。
イクラちゃんの寝相はザ・アクロバティック!

 
そして、部屋に戻ると…

c7

今度は玄関前でタラちゃん(こちらは本名)がちょこんとお出迎え。
扉をあけるとスタスタスタ、じぶんちのようにちゃっかり
クッションにすわってコチラもスヤスヤと寝始めます。
そんなかわいい姿を見ながら私たちも一緒にスヤスヤス…

 
目が覚めるとお昼時間。
何もしてないのに、不思議とお腹は減るもんで

c8
c9
c10

部屋にあるキッチンを使って、昨日の残り物の焼きそばに
マーケットで買ったきのこをたっぷり入れて、ランチタイム。
普段は飲まないビールも、何もしてないからか?最高に美味しい。
そして再びゴロゴロ ゴロゴロ ゴロゴロ….
部屋にはクーラーもなければTVももちろんない。
360度ぐるりとある窓は常に全開で、
葉っぱが擦れる音と動物の鳴く声だけがゆったりと聞こえる。

 
昼間は暑すぎて鳴くのを休んでいた虫たちが一斉に鳴き始めると、
やっと夕方。

 
それから少し散歩して、しっかり夜ご飯を食べたら
「何もせずボーッとした1日」が終了。

 
よく考えたら「やっと夕方」なんて思ったのって何時ぶりだろう?
小学生の夏休み以来かもしれないな。
最近なんて毎日、「わーもう5時やん!」て言っている。
「やっと夕方」と思えることは、言葉ではうまく表現できないけれど
なんだかとても気持ちがよくて、とても貴重で不思議な感じ。
きっとこの場所まで来たから味わえたことなんだろうな。
ありがとう、チェンマイ。

 
不思議なチェンマイ時間を体感しに、またこよう。

 

staff17_nagata

(ナガタ)


[ ストーリー ]
2017.07.14

ひざっこさんと夏旅!


休日を利用して、奈良や近くのいろいろなところへ旅に出かけるのがマイブーム。
旅といっても、大きな目的地があるでもなく、
行きたいご飯屋さんがあるから〜のついでであったり
見たいギャラリーがあるから〜だったり。
たくさん歩くから・・・!足元はNAOTの靴にひざっこパンツ。
履いているだけでどこまでだって行けそうな心地になる無敵の組み合わせ。

IMG_5243
download-12

ふらりと立ち止まった先に見つけるお店や風景を見ていると、
ああ旅に出たなぁとふと思う。

1
IMG_5246

日常では出会えないその光景が、急に旅っぽさを演出してくれる。
メンバーは、仕事でも顔をつき合わせているはずの、おなじみの仲間たち。
履いてきたパンツがお互いにひざっこパンツだったのが笑けた。

IMG_5244

最後の締めには必ずお風呂に行くのがおなじみパターン。
光景を見て出会って、心のデトックス
お風呂で体のデトックス。
いつも明るいうちから入るお風呂から上がると
「なんか出たワ〜〜〜」と言いながら毎度仲間と会話する。
ずっと喋っているからアゴが痛いくらいになるけれど、
各々が好きなように過ごせている。

IMG_5245

帰り道の太陽が沈んでいくのを見て、誰かが言った。
「1日の終わりには、みんな泣いていいと思う。」
・・・よく考えたら奈良から1時間ぐらいのところに行っただけなのに、
味わった充実感のせいで出るこのセリフ。大きく共感。

さて、次はどこに行こうかな。

みなさま今日も、お疲れさまでした。

staff18_nakamura
<ナカムラ>


[ ストーリー ]
2017.05.12

パラダイス


IMG_4673

春になると、色とりどりの花が咲き乱れ、
家にも新参者の植物を迎えた。
かわいい植物のための植木鉢を求めて
焼き物の里、いざ信楽へ!

 
奈良から車で約1時間、茶畑が広がる山を抜けると…
期待通りのタヌキ、タヌキ、タヌキ!大きいタヌキ!
IMG_4670

道沿いにズラーっと陶器屋さんが連なり、
びっくりしたのはどこの陶器屋さんも大胆に
青空の下あっちこっちに陶器が転がり放題…
なかなか街中ではみられない光景に、
私たちのテンションもあがり、さっそく宝探しスタート!
岩の陰から…床下の蜘蛛の巣の向こうから…
忘れ去られてたような場所から素敵な植木鉢が出てくる出てくる!
思わず、「パラダイス〜!」と叫んでしまった
IMG_4672
IMG_4671

それぞれ色んな場所から掘り出し物を見つけて
お店の人におそるおそる値段を聞くと、
「それ、もう作る職人さんがいないから高いよ!」と言われてしまった。
それでもドキドキしながら聞いてみると、
「300円から500円やね!」って…
えーーーーーーー!
未だに、あれは冗談なのか真剣なのか分からないけれど、
破格なので即決。その上オマケもしてくれた。

 
この辺のお店の人はみんな温かくて面白くておおらかな人ばかりで
ずっと広がる豊かな自然に囲まれているからなのかな?

 
家に帰ってさっそく植物を入れてみると、ぐんっと素敵な
インテリアに様変わり!
信楽は、良い器と人に出会える素敵なパラダイスでした。

IMG_4665

(ナガタ)


[ ストーリー ]
2017.04.07

春のよろこび


チチチ、チチチ。
ツバメが今年もやってきてくれました。

去年初めて NAOT NARA にやってきてくれたツバメ。
ツバメのひなの成長を見守ったのは、私は去年が初めてでした。

FullSizeRender

頭は見えず声しか聞こえなかったのが、数日後にはかわいい頭がひょこひょこ見えて
まだ目もよく見えなそうなのに、親がせっせと運んでくるご飯を我れ先にと取り合って
巣の中でクルクルよく動いて
思ってたより1羽多いことに驚いて
気づけばいつしか一羽ずつ、飛ぶ練習を始めて
低いところをたどたどしく飛んではすぐ巣に戻ってきて
と思っていたら、数日後に頭上をスーッと横切っていくツバメは、
一瞬親鳥かなと思うほど大きくなっていて
こんなに日に日に急激に大きくなっていくんだ!と驚いたのです。

 

去年建てた新居に戻って来たツバメたち。
またヒナの成長を見守れるのかと思うととても楽しみです。

 

そんな楽しみが増えた春。

風の栖も楽しみが増えました。

去年から続けてきていたオリジナルの布を使ったお洋服や小物たちが
店頭に並びました。
またお店がガラリと違った雰囲気になっています。

ツバメみたいに急激な成長はできないけれど、
私たちも少しずつでも成長できればなと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(ミヤガワ)

オリジナル布の「お洋服と小物展」開催中です!


[ ストーリー ]
2017.03.15

美味しいたのしみ、台所から


IMG_4973
このごろ、台所に立つのが楽しい。

長い実家暮らし、母の美味しい手料理に甘えっぱなしだったけれど、
今年はちょこっと一念発起。
週に一度は、自分で何か一品作ってみる。
できれば新しい料理を、30分以内で手早く作ること。
ささやかながら、今年の目標のひとつです。

食材を選んで、作りたいものを作る。
元のレシピにないアレンジを楽しむのも好きで、
これ入れたらどうかな?この組み合わせは?って
失敗も込みで、あれこれ面白がってみたり。
野菜は特に好きで、旬のものや、見たことないもの、初めての種類を
お店で見つけては楽しんでいます。

上手に出来たとき、
それをいただくときの、
あったかい幸福感。
美味しいものは元気をくれるし、
身近な人が作ってくれると美味しい以上に美味しい。
私にも、それが出来るんだなあ、というのも嬉しい気づきでした。
大切な誰かを喜ばせることと、
自分を喜ばせることは、こんなところでも繋がっているんですね。

 

今週末、18日(土)は、今年最初の「風のマルシェ」。
全国から届く美味しいごちそうが、本当に楽しみです。
初出店の百菜劇場さんのお野菜は、個人的に、特に楽しみにしていて、
どんなのがやってくるのかな、何を作ろうか?なんて、
まだ見ぬお野菜に妄想がモクモク育っているところ。

風の栖のスタッフ同士でも、今からあれこれ、
おいしいものの話にたくさん花が咲いています。
さあ、大好きな人たちと、おいしいものを囲んで、
楽しい時間を過ごしましょう!

風のマルシェの情報はこちらから↓
kazenosumika.com/blog/2017/6403

(タニグチ)


[ ストーリー ]
2017.03.04

砂漠の虹


IMG_1928
モロッコに行ってきました。
初めてのモロッコ。
いつかは行きたいと思っていた未知の国。
IMG_1950

日本で言うと、北海道から鹿児島までを縦断した距離になる、
約2100キロをバスで走った事になります。
10日間で7つの世界遺産を巡る、欲張りツアーです。

今まで、個人旅行が多かったので、ツアーの参加は2回目。
食事も、行動も、全てお任せは、始めてなので
どうなる事かと思っていたけど88歳を筆頭に18人。
私が若年層組だなんて!

気温の差と、体力勝負の強行ツアーではあったけれど、
旅を楽しむ仲間達との会話も弾み、日本語の詳しい説明もしっかり聞けて、
また荷物を預けて安心していられる旅はとても良い経験でした。

モロッコは縦に長い国なので、アトラス山脈の山越えは雪でとても寒く、
戻ったカサブランカは、晴天で暑い。

IMG_1690
勝手にモロッカンブルーと名付けた、澄み切った蒼い、蒼い空の美しさ。

IMG_1733
アーモンド畑では、白、ピンク、梅に似た美しい花が満開で、
甘い香りを漂わせていました。

長距離移動でも、自然が美しく、変化に富んだ景色を、
飽きることなく充分にを楽しむことができました。

IMG_1310
モロッコも、いろいろ問題を抱えている。
そして、アジアでも感じたけど、
やはり女性の労働力で支えられている日常の生活。
男性? お茶している姿をよく見ます。
イスラムの世界なので、女性が見えないところで休むのかもしれませんが。
男性ばっかりの喫茶店はタバコの匂いが染み付いて、
残念だけど私は入れなかった。

平均寿命が50代半ばで、若い世代が多いので、
教育の大切さを痛感しました。

IMG_1561
トドラ渓谷からワルザザードへの広野を走っている途中、
バスの中から虹を見つけました。
一瞬降った雨からのプレゼント。

誰かが言いました。 「 あの虹の中に入りたい」

暫く走ると 前方、太陽の横に彩雲が。

誰かが言いました。 「私たち幸せだね」

おじさん、おばさんの修学旅行みたいな旅でした。
1

日本に戻り、機内持ち込みの荷物を整理してたら、
飲みかけのペットボトルが入っていた。
カサブランカ、ドバイ、検問を何度もスルーしてきていたなんて!!
これでいいの?

いつものサボのインソールを外したら、
サハラ砂漠の紅い砂が少しこぼれてきました。
日本にようこそ。
IMG_1622
(ムラカミ)


[ ストーリー ]
2017.02.23

一期一会を楽しみに


今年に入って、神社を訪れる機会が以前より増えた気がしています。
住吉大社への初詣にはじまり、
春日大社、ならまちの南市恵比須さま、宇陀の水分神社…

先日は社員旅行で、みんなで伊勢神宮へお参りしてきました。
IMG_4882
伊勢神宮の最寄駅から乗ったタクシーで
話好きの運転手さんがいろいろ教えてくれた中で印象に残ったのが、
「お伊勢さんは、招かれた人だけが訪れることができる」
という言葉でした。

お参りが実現するのは、
今、というちょうどいいタイミングで神様が招いてくれたから。
逆に、予定していても何かの事情で行けなくなったのなら
それは、今、ではなかった、ということだとか。
そのどちらが良いというのではなくて、そういうものなんだそうです。

人との出会いも同じやなあ…
このことを聞いて、ふと、そう思いました。
その時、その場所で、出会うべくして出会う。
出会いの瞬間にピピッと直感することもあったり、
でも、後々気づくことも多いのかもしれないけれど、
きっと、いつも、出会いは特別で、
自分にとってベストのタイミングでやって来てくれてる。
一期一会って、ほんまやなあ、と改めて感じました。

また、伊勢神宮には「おみくじ」というものがないそうで、
伊勢神宮をお参りすることが、もう、大吉!なんだそうです。
そうなの!?と、びっくり。
そして、自分のお参りを神様に喜んでもらっているように感じて
ほんわり嬉しくなりました。
IMG_4886
神様にもらった元気や嬉しい気持ち、
これから出会うたくさんの人と分け合えたらいいな。
たくさんの出会いを楽しみながら、笑顔で皆様をお迎えできますように、
風の栖で元気にお待ちしています!
(タニグチ)


カテゴリー

アーカイブ