風の便り/ストーリー

風の便り
[ ストーリー ]
2017.12.08

とある冬の・・・


12月に入り一気に寒くなってきましたね。
冬本番という感じです。

風の栖では今週から、ストーブもつけ始めました。
2C1FC151-1F17-44F9-A1D0-40F076B847A1
冬支度で新しく芯を取り替えたストーブの炎はきれいな青。
ジ、ジ、ジ、と少しだけゆれる炎にうっと〜りしながら、さぁ今日も1日! と掃除を始めます。

お店を開ける時間になると、キャンドルホルダーにも火をともします。
ゆらゆらゆれるロウソクのあかり、ヘタしたらずっと見ていられるかも。
EF77C032-F876-4CF1-9FEB-60C2B502FE7F

11月からこっそり育てているヒヤシンスの水栽培。
寒さの中でもちょっとだけ緑の芽が出てきています。
11503449-DA08-4428-95E5-1DCB8E574B01

077810E4-DEA0-4C8D-844F-CAD9BF6F5AB8
ご近所さんからいただいた赤の実もとてもきれい。
サンタさんの赤、靴下の赤、、12月の赤はなんだか特にいい!!

店長ねこのひなたさん。
床暖房の板間で まぁるくなっているばかり。
最近は、寒くて人恋しいのか、作業していると頭をスリスリ、頭突きしてきます。
hinata2
お洋服のパターン紙にくるまってバサバサと遊ぶひなた。
定規でつつくと ねこパンチ!
久しぶりに ねこ らしい、ひなたを見ました。

とある冬の日常。

staff18_nakamura
<ナカムラ>


[ ストーリー ]
2017.11.30

ぽかぽか、朝の時間


朝、起きて台所に行き
野菜をトントン切る。
 
最近の朝の日課。
いろんなお野菜をお鍋にたくさん蒸すこと。

IMG_2605

さつまいも
にんじん
じゃがいも
かぼちゃ
だいこん・・・
 

この季節は美味しい野菜がいっぱい。
それをつかみ食べを始めた息子と一緒に食べる。
何もつけなくても、ぽくぽく甘くて美味しい。

IMG_2657

台所に響くシューシューという音、
蒸気でうっすら曇る窓、
外は寒いけれど
心はぽかぽか温まる
朝の時間。
 
 
IMG_1971のコピー
(テライ)


[ ストーリー ]
2017.11.26

寒さを感じると、お鍋料理の出番が増えます。


IMG_7030

 
寒さを感じると、お鍋料理の出番が増えます。
寒さを感じると、おでんを作りたくなります。
寒さを感じると、ポトフを食べたくなります。
寒さを感じると、うどんを打って煮込みたくなります。
寒さを感じると、ストーブの上にサツマイモを並べたくなります。

 
IMG_3182

 
心も体も温めるタップリ野菜のお料理は、作るのも食べるのも楽しい。
そして、放ったらかしで出来るコトコト料理であることも嬉しい。

 
IMG_7029
IMG_7028

 

寒さを感じると、冬仕度の仕込みをしたくなる。
恒例のジンジャーシロップ。
柚子辛子。
来月には手前味噌作り。

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
miso

 
毎年飽きもせず、せっせと仕込みます。
私の母も、その母も、そうしてきたように、季節を楽しむ手仕事です。

何でも買えて、選べる時代になったからこそ、素材にこだわって作る贅沢な楽しみ。

楽しいと思える間は、作りましょう。
季節を感じて作りましょう。

そして、そんな仲間が増えたら嬉しいな。
美味しいと、共鳴出来る仲間が増えたらいいな。
今夜は、何食べようか。

 
写真 2

 

 
staff03_murakami
(ムラカミ)


[ ニュース ]
2017.11.26

ハナロジさんから、生け込み便が届きました


とっても大人な、クリスマスツリーです
いい香りがしますよ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


[ ストーリー ]
2017.11.17

書道ガールズ!?


月に一度の書道教室。
先生は、笑顔で迎えてくれる。

一文字、一文字、
ゆっくり、もっとゆっくり、まだまだゆっくり、
一生懸命書いている。

先生は、必ず褒めてくれる。
朱色の筆で、正してくれる。
丸も、くれる。
子どもみたいに、嬉しい。
息子こと、褒めてあげようと思う。

IMG_7011

お茶の時間には、たくさんおしゃべりする。
笑ったり、びっくりしたり、心配したり…
いろいろあるお年頃。

名ずけて、「スミレ会」
可憐でしょう。
16年も続けられたのは、先生と皆さんのおかげです。
本当に。

IMG_7010

これからもよろしくお願いします。

 

staff10_andoh

(アンドウ)


[ ストーリー ]
2017.11.09

マイペース


IMG_9164

朝。
さぁ、出かけるよーというタイミングで玄関で
「トイレ」という息子。

え、今?! 早くしてー。

全然出てこない息子を急がせようとすると、
やっと出てきたと思ったら

「フレ〜♪ フレ〜♪ しろぐみ! フレ〜♪ フレ〜♪ あかぐみ!」

と謎の踊りをしながら出てくる。

なんで今、誰の応援?
もう時間が限界よー。

慌てておしりをふいてパンツを履いてもらおうとしたら、
パンツの中でピースサインをして、おもむろに一言、
「くわがた〜」

 

あかん。

こっちの ’’急いでサイン’’ は全く伝わってない。

男の子、言葉が増えてコミュニケーションできるのかと思ったら、
言葉の問題ではないのですね。

日々ガクッとしながらも、
なんでこんなにマイペースなのかと半ば感心する。

そんな4歳の秋です。

IMG_9199

IMG_9201

 

staff02_miyagawa

(ミヤガワ)


[ ストーリー ]
2017.11.02

おばあちゃんの手


久しぶりに愛媛にある田舎のおばあちゃんに会いに行くと、
しばらく見ないうちにひとまわりもふたまわりも小さくなっていた。
 
IMG_6858
 
もう、99歳
 
自分の足で歩けなくなったおばあちゃんの足は、とても細く。
いつもパーマをかけていた髪はさらさらストレートのショートヘア。
小さくなったおばあちゃんはいつもニコニコ楽しそうで、
まるで子供みたいでかわいい。
 
だけど、手を見ると
あ、おばあちゃんの手だ!
 
手のたくましさだけは私の記憶のまま。
この手は、たくさんの“おいしい”が生まれる魔法の手。
 
おばあちゃんのお雑煮
おばあちゃんの煮物
おばあちゃんの豆茶
おばあちゃんのにがいにがいよもぎの青汁
おばあちゃんの奈良漬け
……
 
IMG_6861
IMG_6857
 
おばあちゃん手で作られるものはなんだって美味しい。
そして、その手の動きを真似しながら
横でお手伝いさせてもらうのが何よりも嬉しかった。
 
おばあちゃんの小さいけれどたくさんの知恵が詰まった大きな手。
私のまだまだ未熟な手と並べて、
おばあちゃんの手は唐揚げみたいで美味しそうね!
というと、大きな声でケタケタ笑ってた。
 
IMG_6856
 
おばあちゃん、いつまでもかわいく笑って元気でね。

 

staff17_nagata

(ナガタ)


[ ストーリー ]
2017.10.27

ちいさい秋、おおきい秋、そしておいしい秋♪


近頃は気温もぐんと下がって
季節は待ってくれることなく
どんどん進んでいくなぁと
日々感じています
 
IMG_6834
 
そんな中、青空が広がる日を狙って
秋のさんぽへ♪
のどかな田舎道 大好きです
繊細なコスモスの花が、秋の風に
たくさん揺れていました
 
IMG_6835
 
稲穂の黄金色(こがねいろ)もこんなに美しい
 
IMG_6836
 
広大な景色に終始癒され、
おいしそうな秋も見つけてきましたよ♪
 
IMG_6837
 
柿も♪
 
IMG_6838
 
栗も♪ ♪
 
我が家の台所では
無花果のコンポートがコトコト♪
深い秋色に仕上がり
この景色もまたいいなぁと、
やっぱり食欲の秋が勝ってしまう 笑
 
IMG_6839
 
これから訪れる冬の楽しみも見つけつつ
のこりの秋時間
まだまだ味わいたいと想います
 
staff22_iwasaki
(イワサキ)


[ ストーリー ]
2017.10.20

旅をする楽しみの一つ。


top
 
旅をする楽しみの一つ。
その国の、日常の美に触れること。
 
繊細なアイアンワークで飾られる窓や、木彫りの重厚な扉など、
とても美しい。
 
door
 
どんな人が住んでいるのでしょうか?
こっそりカメラに写します。
 
馬や、車が行き交う石畳にも美しさがあります。
 
ishi
 
どこの国でも、職人さんは、生活を支えている。
美しく。使い勝手良く。
 
machi
 
あまりにも日常すぎて気づかなくなってしまいそうになるけど、
日本の美しさは、とても素晴らしい。
自然に溶け込む、木の文化。
 
それを大切に残していきたい。
 
旅して、日本に戻って、旅して日本に戻って、やっぱり日本はいいなぁー。
 
奈良町にも、外国の観光客が増えてきています。
彼らのカメラの先には、どんな日本が写されているのでしょう 。

 
staff03_murakami
(ムラカミ)


[ ストーリー ]
2017.10.13

スピードを変えると見えてくるもの


IMG_7985

突然ですが、みなさんは電動自転車に乗ったことがありますか?

私は今まで自転車そのものにあんまり乗っていなくて、
移動といえばほとんど車でした。
でも2ヶ月ほど前、母親が自転車を買い替えるタイミングで、
初めて電動自転車が風の栖にやってきたのです。

その自転車をうっかり借りたのが始まりだったのですが・・

初めて乗ったときのことは忘れられません。
ちょっとこいだだけで、最初はこわいと思うほど体ごとグイッと進む感覚!
少々の坂もスイスイ進む快適さ。

「奈良には坂が・・ない!」
とは、先日うちで電動自転車デビューをされたフォトグラファーの角田明子さんの名言ですが、
まさにその通り。
このあたりの移動は、小回りがきく自転車が快適、
なんで今まで乗ってなかったんだーーというほど
自分の中だけで大きく開眼、してしまったのです。

IMG_8025
 
その乗り心地に感激したのは、私だけではありませんでした。
乗り物に目のない4歳男児も、当然はまる。

これを機に・・・

私も電動自転車を手に入れました!
これで保育園の送り迎えをしてみることにしたのです。
毎日自転車に乗るのは、実に中学生以来。

でも、保育園は長〜い坂の上。
朝は朝日の方向で、帰りは夕陽の方向。眩しい。
季節は夏。
 
最初は「くじけるかも」と弱気だったのが、
数日のうちに慣れとは怖いもので、「いけるかも」に変わり、
いつしかすずやかな風の季節に。

IMG_7873

朝は時間ギリギリに必死に坂をあがるので余裕ゼロですが、
帰りに息子とふたり、スーーッと坂をくだるのが
今では幸せな時間になりました。
ときには美しい夕焼けを見ながら、ときには月を見ながら。
こんなふうに毎日空を見られるようになったのは、思わぬ副産物でした。
車ばかりだと気づかなかった景色に、自転車だと気づくのが面白いです。

 
きっともうすぐ彼は彼で、自分の自転車に乗るようになるのでしょう。
でもそれまでの間、一台の自転車で一緒に移動できるこの時間を味わおうと思っています。

 

もし、電動自転車に乗ろうか悩んでいらっしゃる方がいたら、
めっちゃいいですよ! ぜひ一度お試しください!
と個人的に強くおすすめしたい今日このごろです。
 

staff02_miyagawa

(ミヤガワ)


カテゴリー

アーカイブ