• トップ>
  • 風のたより/ストーリー

風のたより/ストーリー

風の便り
[ ストーリー ]
2017.05.04

夏みたいに暑かった日曜日


青い青い空の下で赤い鳥居を前に
力強く太鼓の音が響く京都のイベントに行ってきました
image1
示し合わせたわけではないのに友達全員が青色の服を来て集まったり、
約束してなくてもたくさんの友達に会えたりして
好きなことはみんな一緒だなぁ‥と。

 

ご飯を食べ終わった頃に始まった
太鼓のサンバパレード!
力強い音がお腹の奥まで響いてきて
自然と人も集まりいつのまにか太鼓の後ろは大行列!

image3

どんどこどんどこ

 

みんなが踊りながらついていきます
絞り染めのお洋服をきた子供たちが楽しそうに踊って
大人たちは少し照れつつお酒の力をかりながらも楽しそうに踊ります

image4

音楽が初めてあったばかりの人たちを
ぐるっとひとつにしました。

 

どんどこどんどこ
ぴーぴー

 

笛の音も入ってどんどん音楽が体にいきわたっていき体が自然と動く
あらためて体で感じる音楽のパワー

 

終わった頃にはみんなが笑顔で汗をふいていました。
暑い日差しの下にふわっと優しい風が吹いて
ああ、夏が始まるんだなぁ。
暑いけど楽しい夏

 

次はどんな音楽を感じに行きましょうか。

 

(サカモト)


[ ストーリー ]
2017.04.29

新緑の季節と、風のよそおい展


IMG_4620
植物のグリーンがとても美しい季節になってきました
奈良の町を歩いていてもとても爽やかな空気と共に嬉しくなります

IMG_4621
IMG_4622
IMG_4623

森の木漏れ日もキラキラととても綺麗です

IMG_4624

風の栖の庭
ここの眺めも私は大好きなのです

IMG_4625

風の栖では
4月28日(金)〜5月7日(日)の期間
『風のよそおい展』が開催されております
風の栖オリジナルお洋服がたくさん並んでおりますので
ぜひこのGWシーズンいらしてくださいね

IMG_4626
IMG_4627

風で揺れるお洋服もまた
とても気持ち良さそうです

IMG_4628

(イワサキ)


[ ストーリー ]
2017.04.27

風のクローゼット vol.6


風の栖は、日々に寄り添い、着るとワクワクするような、
そんなお洋服をお届けしていきます。

1

外へ!外へ!と、体がうずうずしてくるこの季節。
気持ちがワントーンあかるくなるような
すがすがしい白を着てお出かけしよう!

風の栖の定番「ひざっこパンツ」の白は、どんなトップスと合わせても
決めてくれる、信頼できる存在なんです。

トップスは…
今日は抜けるような青空の下で
シュワッとミントソーダが飲みたい気分だから…
ミントグリーンに決めた!

そんな風に、気分次第でお洋服のコーディネートを決める1日も楽しい!

1

この春の新作や、希少な生地で出来たオリジナルのお洋服が
一斉に揃う、「風のよそおい展」が4月28日(金)から始まります!
ぜひ、お気に入りを見つけに来てくださいね!


[ ストーリー ]
2017.04.21

わたしのおかっぱさん


ぽつ ぽつ ぽつ・・・

4月の初め頃、我が家のプチ盆栽にぷくっと新芽が出てきました。
1

昨年の夏頃に迎え入れたけやきの盆栽。
おかっぱのような葉と、うねるような根っこのかっこよさに惹かれ一目惚れ。
「紅葉もして、四季が楽しめますよ〜」
ということだったのでそれも楽しみに、我が家へこんにちは。

秋には黄色く色づいて、落葉もしました。
冬の間は、おかっぱ頭も寂しくなってしまい、実のところ
春のいままで不安だったのです。

葉っぱがこのままだったらどうしよう!!

苔の乾燥を見ながらたまに水やりをしつつ、
じっっっっっっっっと不安な冬を越しました。

ぽつ ぽつ ぽつ・・・

ぷくっとした新芽の登場に、ちょっと涙が出るんじゃないか
っていうくらいの嬉しさで、
その日はなんだか1日ルンっとした気持ちでテンションも高い。
それからの葉っぱの成長ったら早いこと。
2
毎日、葉っぱのふっさり具合を見て家を出ます。
おかっぱ頭に向けて、伸びた枝もカットしたいけど、
まだまだ本人ぐんぐん伸びたそうなので、やめておきましょう。
3
<ナカムラ>


[ ストーリー ]
2017.04.14

ひなたの額の庭しごと


写真2

桜も満開になると、風の栖の庭も「私も見てよ!」と騒ぎはじめます。
これから6月に向けて、小さな庭が花で埋まります
 
今はジューンベリー、キイチゴ、白雪芥子、踊子草 、白ケマン草、
などが咲いています。クレマチスも大きな蕾を沢山付けていますし、
もうすぐカラーも立浪草も咲くでしょう。
次の準備をして、他の花たちも頑張っているのがわかります。

写真

この季節、もうひとつの楽しみは去年のこぼれ種からのプレゼント。
ヘンリー蔦の鉢の中に見憶えのある形の芽2つを発見。
忘れな草のはず。
3センチほどに育ってから地植えしました。
今日、青い花が咲きました。

写真1

やっぱりね。
これからもっと大きくなって咲いてくれるでしょう。
小さな小さな種で、寒い冬を越してくれたのかと思うと愛おしいです。
 
植え替えのために庭小屋の畑の土を入れた鉢からは、
コスモスの新芽が3本も。この子達は、屋根の畑に戻しましょう。
屋根ではあちらこちらにコスモスの芽が出ているので、今年も楽しめそうです。
 
昨年から「枯れそうだから‥‥」と、預かっていた小さなカエデの盆栽も
かわいい新芽を付けました。
もう大丈夫だからお家に帰ってもらいましょう。
 
ワインの木箱のセダムも、越冬して元気です。
どんどん増えて雑草化しています。こちらも屋根畑にも運んで行きましょう。
 
狭い庭で、これ以上増やしてはいけないのに、今年も買ってしまった
宿根草のクローバー、ナルコユリ 、緑色のクレマチス。
 
こぼれ種に期待しつつも待ちきれず、レースフラワー、雲南桜草‥‥‥‥
白い花を見るとついつい。

写真3

春は誘惑が多すぎます。
ガーデンコーナーに足が向かって行きます。
土も5袋買って、畑仕事の準備です。
まずは、ワイルドストロベリー、バジルの苗を買いました。
 
さぁー、土から元気をもらいましょう。
忙しい 春の、楽しい、ひなたの額の庭仕事のはじまりです。
 
(ムラカミ)


[ ストーリー ]
2017.04.13

風のクローゼット vol.5


風の栖は、日々に寄り添い、着るとワクワクするような、
そんなお洋服をお届けしていきます。

5

さぁ、今日は
何着よう
何食べよう
何聴こう
何処行こう
そして、どんな人に出会えるだろう

全て、真っ白なブラウスに任せてみよう
そしたら、素敵な1日になるかもしれない

しろ2


[ ストーリー ]
2017.04.07

春のよろこび


チチチ、チチチ。
ツバメが今年もやってきてくれました。

去年初めて NAOT NARA にやってきてくれたツバメ。
ツバメのひなの成長を見守ったのは、私は去年が初めてでした。

FullSizeRender

頭は見えず声しか聞こえなかったのが、数日後にはかわいい頭がひょこひょこ見えて
まだ目もよく見えなそうなのに、親がせっせと運んでくるご飯を我れ先にと取り合って
巣の中でクルクルよく動いて
思ってたより1羽多いことに驚いて
気づけばいつしか一羽ずつ、飛ぶ練習を始めて
低いところをたどたどしく飛んではすぐ巣に戻ってきて
と思っていたら、数日後に頭上をスーッと横切っていくツバメは、
一瞬親鳥かなと思うほど大きくなっていて
こんなに日に日に急激に大きくなっていくんだ!と驚いたのです。

 

去年建てた新居に戻って来たツバメたち。
またヒナの成長を見守れるのかと思うととても楽しみです。

 

そんな楽しみが増えた春。

風の栖も楽しみが増えました。

去年から続けてきていたオリジナルの布を使ったお洋服や小物たちが
店頭に並びました。
またお店がガラリと違った雰囲気になっています。

ツバメみたいに急激な成長はできないけれど、
私たちも少しずつでも成長できればなと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(ミヤガワ)

オリジナル布の「お洋服と小物展」開催中です!


[ ストーリー ]
2017.04.05

ハナロジさんから、生け込み便が届きました


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ヘデラベリーの黒い実に、
白いスイートピーの組み合わせが新鮮です


[ ストーリー ]
2017.04.01

風のクローゼット vol.4


風の栖は、日々に寄り添い、着るとワクワクするような、
そんなお洋服をお届けしていきます。

さろ

風の栖のサロペットは、遊び心がたっぷり詰まった一着です。
着方によって印象が変わるので、着まわしをたんと楽しみたい
ときにはボーイッシュに、
ときには女性らしく…

ボタンホールに肩紐を長めに結んでラフスタイルで
リバーシブルの胸当てで印象を変えて
肩紐を外して巻きスカート風に
なりたい自分になれる予感!?

sarope2

今日はどんな着こなしを楽しむ??


[ ストーリー ]
2017.03.31

原始の森へタイムスリップ


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

奈良の住宅街からスッと横道に逸れると、
原始の森へとタイムスリップできる
約2mの橋を見つけた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その橋を渡ると、
温度がヒヤッと下がって
濃い緑の匂いがして
車の音が聞こえなくなって
虫が何かを運んでいて
鹿の群れがのんびり草を食べていて…

 

ここだけ時が止まってるみたいだ

 

目の前に現れたこの大きな木は、樹齢何年くらいなんだろう?
私たちが産まれる何百年も前から立ってるんだろうな…
自然とその木に向かって「ちょっとお邪魔してます」と、お辞儀する

 

そして、色んな形の木の根っこや、まあるい苔のかたまり、
木の実や、蜘蛛の巣、葉っぱを見つけると、
素敵な一点モノの雑貨に出会った時のように
なんだかドキドキして、癒される。
自然の色や形の美しさからいただく、刺激とパワーはすごい!

 

帰り際にはここぞとばかりにたっぷりと森の空気を
吸って、吐いて、吸って、吐いて、また吸って

 

また約2mの橋を渡って現実の世界に戻る

mori3

(ナガタ)


カテゴリー

アーカイブ