風の便り/ストーリー

風の便り
[ ストーリー ]
2017.11.02

おばあちゃんの手


久しぶりに愛媛にある田舎のおばあちゃんに会いに行くと、
しばらく見ないうちにひとまわりもふたまわりも小さくなっていた。
 
IMG_6858
 
もう、99歳
 
自分の足で歩けなくなったおばあちゃんの足は、とても細く。
いつもパーマをかけていた髪はさらさらストレートのショートヘア。
小さくなったおばあちゃんはいつもニコニコ楽しそうで、
まるで子供みたいでかわいい。
 
だけど、手を見ると
あ、おばあちゃんの手だ!
 
手のたくましさだけは私の記憶のまま。
この手は、たくさんの“おいしい”が生まれる魔法の手。
 
おばあちゃんのお雑煮
おばあちゃんの煮物
おばあちゃんの豆茶
おばあちゃんのにがいにがいよもぎの青汁
おばあちゃんの奈良漬け
……
 
IMG_6861
IMG_6857
 
おばあちゃん手で作られるものはなんだって美味しい。
そして、その手の動きを真似しながら
横でお手伝いさせてもらうのが何よりも嬉しかった。
 
おばあちゃんの小さいけれどたくさんの知恵が詰まった大きな手。
私のまだまだ未熟な手と並べて、
おばあちゃんの手は唐揚げみたいで美味しそうね!
というと、大きな声でケタケタ笑ってた。
 
IMG_6856
 
おばあちゃん、いつまでもかわいく笑って元気でね。

 

staff17_nagata

(ナガタ)


[ ストーリー ]
2017.10.27

ちいさい秋、おおきい秋、そしておいしい秋♪


近頃は気温もぐんと下がって
季節は待ってくれることなく
どんどん進んでいくなぁと
日々感じています
 
IMG_6834
 
そんな中、青空が広がる日を狙って
秋のさんぽへ♪
のどかな田舎道 大好きです
繊細なコスモスの花が、秋の風に
たくさん揺れていました
 
IMG_6835
 
稲穂の黄金色(こがねいろ)もこんなに美しい
 
IMG_6836
 
広大な景色に終始癒され、
おいしそうな秋も見つけてきましたよ♪
 
IMG_6837
 
柿も♪
 
IMG_6838
 
栗も♪ ♪
 
我が家の台所では
無花果のコンポートがコトコト♪
深い秋色に仕上がり
この景色もまたいいなぁと、
やっぱり食欲の秋が勝ってしまう 笑
 
IMG_6839
 
これから訪れる冬の楽しみも見つけつつ
のこりの秋時間
まだまだ味わいたいと想います
 
staff22_iwasaki
(イワサキ)


[ ストーリー ]
2017.10.20

旅をする楽しみの一つ。


top
 
旅をする楽しみの一つ。
その国の、日常の美に触れること。
 
繊細なアイアンワークで飾られる窓や、木彫りの重厚な扉など、
とても美しい。
 
door
 
どんな人が住んでいるのでしょうか?
こっそりカメラに写します。
 
馬や、車が行き交う石畳にも美しさがあります。
 
ishi
 
どこの国でも、職人さんは、生活を支えている。
美しく。使い勝手良く。
 
machi
 
あまりにも日常すぎて気づかなくなってしまいそうになるけど、
日本の美しさは、とても素晴らしい。
自然に溶け込む、木の文化。
 
それを大切に残していきたい。
 
旅して、日本に戻って、旅して日本に戻って、やっぱり日本はいいなぁー。
 
奈良町にも、外国の観光客が増えてきています。
彼らのカメラの先には、どんな日本が写されているのでしょう 。

 
staff03_murakami
(ムラカミ)


[ ストーリー ]
2017.10.13

スピードを変えると見えてくるもの


IMG_7985

突然ですが、みなさんは電動自転車に乗ったことがありますか?

私は今まで自転車そのものにあんまり乗っていなくて、
移動といえばほとんど車でした。
でも2ヶ月ほど前、母親が自転車を買い替えるタイミングで、
初めて電動自転車が風の栖にやってきたのです。

その自転車をうっかり借りたのが始まりだったのですが・・

初めて乗ったときのことは忘れられません。
ちょっとこいだだけで、最初はこわいと思うほど体ごとグイッと進む感覚!
少々の坂もスイスイ進む快適さ。

「奈良には坂が・・ない!」
とは、先日うちで電動自転車デビューをされたフォトグラファーの角田明子さんの名言ですが、
まさにその通り。
このあたりの移動は、小回りがきく自転車が快適、
なんで今まで乗ってなかったんだーーというほど
自分の中だけで大きく開眼、してしまったのです。

IMG_8025
 
その乗り心地に感激したのは、私だけではありませんでした。
乗り物に目のない4歳男児も、当然はまる。

これを機に・・・

私も電動自転車を手に入れました!
これで保育園の送り迎えをしてみることにしたのです。
毎日自転車に乗るのは、実に中学生以来。

でも、保育園は長〜い坂の上。
朝は朝日の方向で、帰りは夕陽の方向。眩しい。
季節は夏。
 
最初は「くじけるかも」と弱気だったのが、
数日のうちに慣れとは怖いもので、「いけるかも」に変わり、
いつしかすずやかな風の季節に。

IMG_7873

朝は時間ギリギリに必死に坂をあがるので余裕ゼロですが、
帰りに息子とふたり、スーーッと坂をくだるのが
今では幸せな時間になりました。
ときには美しい夕焼けを見ながら、ときには月を見ながら。
こんなふうに毎日空を見られるようになったのは、思わぬ副産物でした。
車ばかりだと気づかなかった景色に、自転車だと気づくのが面白いです。

 
きっともうすぐ彼は彼で、自分の自転車に乗るようになるのでしょう。
でもそれまでの間、一台の自転車で一緒に移動できるこの時間を味わおうと思っています。

 

もし、電動自転車に乗ろうか悩んでいらっしゃる方がいたら、
めっちゃいいですよ! ぜひ一度お試しください!
と個人的に強くおすすめしたい今日このごろです。
 

staff02_miyagawa

(ミヤガワ)


[ ストーリー ]
2017.10.06

ちょっと先のおはなし


風の栖では、春と秋の年に二度ほどお洋服のイメージ撮影をしています。
奈良のちいさなお店から発信している風の栖のお洋服。

奈良でデザインし、オリジナルのものを作っているからこそ
撮影する場所もいつも奈良のどこかで・・・と思っています。
自然あふれる奈良の森の中や平原で、 「ちょっとお邪魔します」
と言いながら、時には鹿さんもご一緒に・・・。
撮影するたびに、奈良の いいところ を見つけられ、気づかされるので
いつも、ワクワクしてやっています。

今回は、昭和レトロな雰囲気漂うレンガ造りの建物をロケ地に、
来年春のお洋服の撮影をしてきました〜。

22
44

今回も撮影してくださったカメラマンの角田明子さんのフィルターを通すと、
別の世界が生まれ、切りとられます。
おなじ時におなじ光景を見ているはずなのに、まったく違う。
きれいでやわらかな 光の色 を感じる、そんな画になります。

33

今回撮影したイメージは、来年の春頃ホームページなどで発表予定です。
ちょっと先のおはなしですが、記憶の片隅に寄せ、しばしお待ちくださいね。
ぜひお楽しみに。

staff18_nakamura
<ナカムラ>


[ ストーリー ]
2017.09.28

真っさらな景色


夜のいちばん長い日に生まれた息子さん。
つかまり立ちを覚え、窓の外を見上げる毎日です。
 
1mati
 
風に揺れる木々を見ては、きゃっきゃと笑い
山鳩がほうほうと鳴けば、不思議そうに空を眺めています。
 
IMG_1952
 
いろんな緑があるね。
葉っぱさん、ゆらゆら。
とりさん、ほうほう鳴いているね。
 
IMG_1971
IMG_1766
 
言葉にしてしまうのがもったいないくらいの、真っさらな景色です。
あなたにはどんな世界が見えているのかな。
 
とりあえず、あぶ、あぶと話しかけてみましたが、
あなた、なにをいっているの?
という顔をされてしまいました。
 
 
IMG_1971のコピー
(テライ)


[ ストーリー ]
2017.09.20

ひと手間かけたくなる、素敵なお皿


IMG_6520

 

最近お気に入りの、MIA’S BREADさんのよもぎくるみベーグルと
美味しいコーヒーを淹れて、ゆっくり朝ごはんを食べたくなります。

 

 

IMG_6511

 

いつものサラダに、季節の果物を加えてみたくなります。
今日は、かわいい無花果(イチジク)サラダ。

 

IMG_6531

 

切るときにワクワクするくらいナッツをたっぷり入れた
パウンドケーキを焼きたくなります。

 

IMG_6519

 

ひと手間かけて一品作りたくなります。
生姜とネギたっぷりの味噌肉だんごの出来上がり。

 

 

ただいま風の栖の庭小屋では、「岳中爽果 陶器展」開催中です。

 

staff17_nagata

(ナガタ)


[ ストーリー ]
2017.09.15

休みの朝


何もない休みの日の朝は
いつもよりじっくり寝て
ゆっくり起きるのだけど
この日はふとんから飛び起きた。

 
遠足の前日の子供みたいに
昨日の夜からそわそわして
あまり寝れないまま
早起きをして出発

 
Processed with VSCO with c1 preset

朝一のお寺へ参拝

 
雨の中少し濡れるけど
雨でひかる石畳がきれい
Processed with VSCO with c1 preset
雨がちょっとやんで
周りを見渡すとうすくもやがかっていて
とても幻想的な景色が広がっていた。

 
もう何年も前に行ったきりのお寺で、
観光地だから、近くにあってもなかなか
訪れなかったのだけど
朝一にくると全然違う表情を見せてくれた。
Processed with VSCO with c1 preset

 
同じ場所でも
天気や時間、誰と行くか で
こんなにも感じ方が変わってくるんだなぁ

 
そんなことを感じながら
喫茶店のモーニングを食べて
この日の私の「朝活」は
おしまい。

 
さ、次の朝活はどこへ向かおうかな

 

 
staff_sakamoto
〈サカモト〉


[ ストーリー ]
2017.09.06

今日から詩人になる!


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

日常のそれは、
気がついたりしているはず。
実はなにか思っているはず。
でも、素知らぬ顔をして
過ごしています。

 

こころの中のもの吐き出したい。
外側に見えることを伝えたい。
爆発したい。

 

でも今は何もないから
紙とペンでとりあえず
書いてみようと思います。

 

今日、詩人になる!(なれるんか?)

 

atusi
(ミヤガワ ア)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
9/2(土)高橋久美子 詩作ワークショップ「みんな今日から詩人になれる」が開催されました。
只今、NAOT NARAでは、高橋久美子さんが作を担当された、
絵本『赤い金魚と赤いとうがらし』刊行記念 福田利之 原画展開催中です。

kazenosumika.com/blog/2017/7683


[ ストーリー ]
2017.08.31

ずっと奈良、これからも


 
image1 (2)
 
生まれも育ちも奈良
あ、生まれは大阪でした 笑
あ、でも何ヶ月だけで、もうずっと奈良
 
image2 (1)
 
そんな私はお客さまとお話する中で、
『旅行で来ました』
という方にお会いする度嬉しくなっています
 
喜びの中に、
なぜ日本の中で奈良を選んで来てくださったのだろう⁇
とさらに疑問が湧き、
ついついそのまま尋ねてしまいます
 
すると、
『この町並み、空気感、それがなんだか落ち着く』
『あと、お店も人も』
と、そんな嬉しい言葉を耳にすることも決して少なくはなく、
奈良人の私にとってそれはかなりの褒め言葉であり、
まるで自分を褒めてくれてるかのような気分にもなり
『ありがとうございます〜♪』
とお礼をお伝えすることも多々あります。 笑
 
image3
 
これは先日の夕暮れ時の一枚
 
夕日がとても美しく、
いつも歩いてるはずの場所も
その日によって全く違う表情に見えるから不思議です
 
そんな奈良というこの場所が好きで
いつも新鮮な気持ちでこの町並みを歩いて
時には海外からの観光客に混じって
カメラを構えることもしばしば 笑
 
これから秋のシーズンに向けて
奈良の町並みは
もっと素敵な景色を見せてくれます
 
ただただ歩いてるだけでも心地が良いのです
まだまだ奈良の魅力に私も迫っていきたいと思います
お客さまからも聞かせていただけると嬉しいです
 
この秋ぜひ奈良に
遊びにいらしてくださいね
 
 
image4
 
 
staff22_iwasaki
(イワサキ)


カテゴリー

アーカイブ