風の便り/ストーリー

風の便り
[ ストーリー ]
2017.06.16

家と町のはなし


FullSizeRender

今の家に引っ越してきてもうすぐ一年が経つ。

 
家から徒歩5分圏内にポツポツとお店が立ち並ぶ。
大学が近いから安くてボリュームのある食堂が何件もあって、
コロッケの美味しいお肉屋さん、魚屋さん、ラーメン屋さん、
居酒屋さん、ビストロがある。そしていつも賑わっている銭湯。
小学校も近いのでファミリー層も多く平和な町に住んでいる。

 
私にとって人生で初めての一軒家にすんでいて
土壁のちょっぴりぼろい町家。

 
二階の窓をあけると土手の階段が目の前で
いつもそこに猫の家族がくつろいでこっちを見ている。

image1

「やぁ」と声をかけても返事はしないし、近づいたら逃げてしまう。

 
春、家の周りの桜たちはたくさん花を咲かせた。
でも、それより先に家の真ん前の大きな大きな木が花を咲かせていた。
桃かな?梅かな?分からなかった。

 
特に気にせず日々を過ごして桜も散ってしばらくして大きな木には実がついていた。
緑の丸い実 あーなんだろう。

 
またそれから時間がすぎて5月の半ば
家を出てこつっ、何かを蹴った。
ぷちっ、何かをふんだ。
甘い甘い匂いが広がる。

image2

足元をみると、オレンジ色の実が一面に広がっていた。
綺麗な実をふいて皮をめくって一口噛んでみた
甘酸っぱい。これは梅…?

 
ちょうど隣のおばあさんがでてきて、
これが梅だと教えてくれた。誰も手入れしていない木だから、
緑の時に落ちてきたのを拾って漬けたらいいよと教えてくれた。

 
好きな映画の中に、家の庭の木の梅を家族で収穫していたシーンがあり、
いつかやりたいと思っていたし、これはとても良いことを聞いた。
でも、まだまだ一年またなくてはならない。
一年後忘れていませんように。

 
いろんな発見があって
楽しくてとても居心地の良い住みよい町。

 
住みだしてもう一年
まだまだ一年
予定ではあと一年お世話になる予定。
これからもよろしく、町、家。

 
ひとつだけ言うとしたら、次は部屋が斜めになってないところにすみたい、かな。

(サカモト)


[ ストーリー ]
2017.06.09

光と緑と、風と


IMG_4807

太陽の光と、
植物のグリーンと、あとそれと
心地良い風があれば
不思議と元気が湧いてくる
私のリフレッシュ法のひとつです

 
先日広〜い公園を訪れて、すてきな景色の数々に出会えました
この場所でみなさまにもお届けできたらとカメラに収めてきました♪

IMG_4808
IMG_4809
IMG_4810
IMG_4811

自分なりのリフレッシュ法がわかっていれば
暮らしはもっと豊かに

IMG_4812

白詰草を見つけて
編み編み…

IMG_4813
IMG_4814

『風の栖』もまた
こぢんまりではありますが
光と緑と風に触れ合えるそんな場所だと

 
みなさまの暮らしにそっと寄り添える
存在、場所でありたいなと改めて思った
そんな帰り道でありました

IMG_4815

久々に編んだ花冠
幼少時代の方が上手だったなあー 笑

 
(イワサキ)


[ ストーリー ]
2017.06.02

ナニキル?イロドル??


イロの組み合わせって無限大。
気分によっても
季節によっても
天気によっても
目的によっても

どんどんドンどん
日毎えらぶイロの組み合わせは広がっていく。

1

ナニキル?
ナニアワス?

2

最小限の無限大。

イロの可能性を考えてみることも
楽しいコーディネイトのひとつかも。

3

<ナカムラ>


[ ストーリー ]
2017.05.26

庭の花を生ける


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

白いホタルブクロが2本咲きました。

 
3年前、裏庭で消えかかっていたのを移植して、
やっと花を咲かせてくれたのに誤って1本折ってしまいました。
つっかえ棒をしたり、結んで見たり‥‥‥
諦めて、焼き締めの花器に生けました。

 
焼き締めの花器は、土と灰と炎だけで描かれる偶然の景色も魅力的です。
水が腐りにくく、花持ちが良いので出番が多いです。
そして、なにより、釉薬の色がないので花が主役になります。
クルクル器を回しながら、花が一番美しく見える向きを探します。
花器と一本の花でつくる、小さな世界の大いなる美しさ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
全く私だけのこだわりですが。

 
さて、この季節、野アザミもまた美しい花を咲かせます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年は裏庭に、立派なアザミが咲きました。
大きな葉は痛くて痛くて触れないくらい元気です。

 
これから楽しむ、フジバカマやワレモコウも肥料なしで、グングン伸びてます。
山野草は、楚々として可愛いはずだけど、なぜか我が家のは大きいのです。
そんな庭なので、そこから避難させたホタルブクロ。

 
その年の気候に任せて、強い子が育つ庭です。
弱ってきたら、避難もさせます。

 
それでも、みんな頑張れ。私の大好きな花達。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
備前、信楽、立杭、益子‥‥各地で収集した焼き締めの器を並べて、
季節の山野草を飾ります。

 

(ムラカミ)


[ ストーリー ]
2017.05.18

芽は出るかな?


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

息子が保育園でアサガオの種を植えたという。

先生いわく、植える前からはもちろん、植えるときも
みんなでワイワイ興奮して楽しみ、
植えた翌日に「もう芽が出たー」と言い出すほど夢中になっているとのこと。

それはいい、うちでも真似をして何か植えてみようかな。
母から強いよと聞いてもらった、コスモスの種はどうだろう?

うちの庭は、文字通り手つかずの庭で、基本ほったらかしの庭。
庭というより空き地。

そのせいか、もともとあった植物(というか、雑草・・)だらけなのだけど、
よくよく見るとかわいらしい草花も多い。
ヘビイチゴや大きなタンポポ、小さな紫のスミレ?もある。

さてどこに植えようかと庭をウロウロしてたら
びっくりするものを見つけてしまった。

モミジ。

FullSizeRender

一瞬、見間違いかなと思って二度見してしまった。
このカオスな庭にモミジ?

IMG_6035
IMG_5854

そこには小さな小さなモミジが土から直接ひょっこり顔を出していた。
え、モミジって最初はこんなふうに生まれてくるの??
かわいらしい。

よく見ると、ひとつだけじゃない。
近くに大・中・小と3つくらい生えてきてる。
息子と一緒にそれぞれ、パパ、ママ、息子やね〜と言っていたら、
数日後にママだけ枯れていた・・笑
こうやって自然の中でも強いものだけ残るのかなと思っていたら、
さらに見たら、他にもモミジの赤ちゃんが何個もあった!
生まれたての赤い小さな葉っぱがかわいらしい。
このまま何年、何十年もしたら、この庭にはモミジの木が育ってるのかしら?

コスモスは大きくなるから、と聞いて、壁際の土を息子と掘って、
種をパラパラとまき、水をかけて。
ついでにもらった苗も植えた。

さて、芽は出るかな?
保育園のアサガオ、庭のコスモス、そして、小さなモミジたちも成長が楽しみだ。

IMG_6044
▲アサガオはここに植えたよー。

(ミヤガワ ミ)


[ ストーリー ]
2017.05.12

パラダイス


IMG_4673

春になると、色とりどりの花が咲き乱れ、
家にも新参者の植物を迎えた。
かわいい植物のための植木鉢を求めて
焼き物の里、いざ信楽へ!

 
奈良から車で約1時間、茶畑が広がる山を抜けると…
期待通りのタヌキ、タヌキ、タヌキ!大きいタヌキ!
IMG_4670

道沿いにズラーっと陶器屋さんが連なり、
びっくりしたのはどこの陶器屋さんも大胆に
青空の下あっちこっちに陶器が転がり放題…
なかなか街中ではみられない光景に、
私たちのテンションもあがり、さっそく宝探しスタート!
岩の陰から…床下の蜘蛛の巣の向こうから…
忘れ去られてたような場所から素敵な植木鉢が出てくる出てくる!
思わず、「パラダイス〜!」と叫んでしまった
IMG_4672
IMG_4671

それぞれ色んな場所から掘り出し物を見つけて
お店の人におそるおそる値段を聞くと、
「それ、もう作る職人さんがいないから高いよ!」と言われてしまった。
それでもドキドキしながら聞いてみると、
「300円から500円やね!」って…
えーーーーーーー!
未だに、あれは冗談なのか真剣なのか分からないけれど、
破格なので即決。その上オマケもしてくれた。

 
この辺のお店の人はみんな温かくて面白くておおらかな人ばかりで
ずっと広がる豊かな自然に囲まれているからなのかな?

 
家に帰ってさっそく植物を入れてみると、ぐんっと素敵な
インテリアに様変わり!
信楽は、良い器と人に出会える素敵なパラダイスでした。

IMG_4665

(ナガタ)


[ ストーリー ]
2017.05.04

夏みたいに暑かった日曜日


青い青い空の下で赤い鳥居を前に
力強く太鼓の音が響く京都のイベントに行ってきました
image1
示し合わせたわけではないのに友達全員が青色の服を来て集まったり、
約束してなくてもたくさんの友達に会えたりして
好きなことはみんな一緒だなぁ‥と。

 

ご飯を食べ終わった頃に始まった
太鼓のサンバパレード!
力強い音がお腹の奥まで響いてきて
自然と人も集まりいつのまにか太鼓の後ろは大行列!

image3

どんどこどんどこ

 

みんなが踊りながらついていきます
絞り染めのお洋服をきた子供たちが楽しそうに踊って
大人たちは少し照れつつお酒の力をかりながらも楽しそうに踊ります

image4

音楽が初めてあったばかりの人たちを
ぐるっとひとつにしました。

 

どんどこどんどこ
ぴーぴー

 

笛の音も入ってどんどん音楽が体にいきわたっていき体が自然と動く
あらためて体で感じる音楽のパワー

 

終わった頃にはみんなが笑顔で汗をふいていました。
暑い日差しの下にふわっと優しい風が吹いて
ああ、夏が始まるんだなぁ。
暑いけど楽しい夏

 

次はどんな音楽を感じに行きましょうか。

 

(サカモト)


[ ストーリー ]
2017.04.29

新緑の季節と、風のよそおい展


IMG_4620
植物のグリーンがとても美しい季節になってきました
奈良の町を歩いていてもとても爽やかな空気と共に嬉しくなります

IMG_4621
IMG_4622
IMG_4623

森の木漏れ日もキラキラととても綺麗です

IMG_4624

風の栖の庭
ここの眺めも私は大好きなのです

IMG_4625

風の栖では
4月28日(金)〜5月7日(日)の期間
『風のよそおい展』が開催されております
風の栖オリジナルお洋服がたくさん並んでおりますので
ぜひこのGWシーズンいらしてくださいね

IMG_4626
IMG_4627

風で揺れるお洋服もまた
とても気持ち良さそうです

IMG_4628

(イワサキ)


[ ストーリー ]
2017.04.21

わたしのおかっぱさん


ぽつ ぽつ ぽつ・・・

4月の初め頃、我が家のプチ盆栽にぷくっと新芽が出てきました。
1

昨年の夏頃に迎え入れたけやきの盆栽。
おかっぱのような葉と、うねるような根っこのかっこよさに惹かれ一目惚れ。
「紅葉もして、四季が楽しめますよ〜」
ということだったのでそれも楽しみに、我が家へこんにちは。

秋には黄色く色づいて、落葉もしました。
冬の間は、おかっぱ頭も寂しくなってしまい、実のところ
春のいままで不安だったのです。

葉っぱがこのままだったらどうしよう!!

苔の乾燥を見ながらたまに水やりをしつつ、
じっっっっっっっっと不安な冬を越しました。

ぽつ ぽつ ぽつ・・・

ぷくっとした新芽の登場に、ちょっと涙が出るんじゃないか
っていうくらいの嬉しさで、
その日はなんだか1日ルンっとした気持ちでテンションも高い。
それからの葉っぱの成長ったら早いこと。
2
毎日、葉っぱのふっさり具合を見て家を出ます。
おかっぱ頭に向けて、伸びた枝もカットしたいけど、
まだまだ本人ぐんぐん伸びたそうなので、やめておきましょう。
3
<ナカムラ>


[ ストーリー ]
2017.04.14

ひなたの額の庭しごと


写真2

桜も満開になると、風の栖の庭も「私も見てよ!」と騒ぎはじめます。
これから6月に向けて、小さな庭が花で埋まります
 
今はジューンベリー、キイチゴ、白雪芥子、踊子草 、白ケマン草、
などが咲いています。クレマチスも大きな蕾を沢山付けていますし、
もうすぐカラーも立浪草も咲くでしょう。
次の準備をして、他の花たちも頑張っているのがわかります。

写真

この季節、もうひとつの楽しみは去年のこぼれ種からのプレゼント。
ヘンリー蔦の鉢の中に見憶えのある形の芽2つを発見。
忘れな草のはず。
3センチほどに育ってから地植えしました。
今日、青い花が咲きました。

写真1

やっぱりね。
これからもっと大きくなって咲いてくれるでしょう。
小さな小さな種で、寒い冬を越してくれたのかと思うと愛おしいです。
 
植え替えのために庭小屋の畑の土を入れた鉢からは、
コスモスの新芽が3本も。この子達は、屋根の畑に戻しましょう。
屋根ではあちらこちらにコスモスの芽が出ているので、今年も楽しめそうです。
 
昨年から「枯れそうだから‥‥」と、預かっていた小さなカエデの盆栽も
かわいい新芽を付けました。
もう大丈夫だからお家に帰ってもらいましょう。
 
ワインの木箱のセダムも、越冬して元気です。
どんどん増えて雑草化しています。こちらも屋根畑にも運んで行きましょう。
 
狭い庭で、これ以上増やしてはいけないのに、今年も買ってしまった
宿根草のクローバー、ナルコユリ 、緑色のクレマチス。
 
こぼれ種に期待しつつも待ちきれず、レースフラワー、雲南桜草‥‥‥‥
白い花を見るとついつい。

写真3

春は誘惑が多すぎます。
ガーデンコーナーに足が向かって行きます。
土も5袋買って、畑仕事の準備です。
まずは、ワイルドストロベリー、バジルの苗を買いました。
 
さぁー、土から元気をもらいましょう。
忙しい 春の、楽しい、ひなたの額の庭仕事のはじまりです。
 
(ムラカミ)


カテゴリー

アーカイブ