風のたより/ニュース

風の便り
[ ストーリー ]
2014.10.10

けもの live


2014年9月28日(日) @NAOT TOKYO店内

アルバム『LE KEMONO INTOXIQUE(ル・ケモノ・アントクシーク)』
のレコ発ツアーで風の栖にきていただいてから約1年。

“けもの” が NAOT TOKYO にもきてくださいました。

LE KEMONO INTOXIQUE は ”けもの中毒”という意味。

その名の通り、昨年の風の栖は庭小屋でのライブからというもの
私はすっかりけものさんの虜(中毒)になってしまいました。
アルバムはもう何度聴いたでしょうか。また歌声を聴ける日がくるなんて…!

kemono1

まだ明るい時間からはじまったけものLive。
おっとりなごやかな雰囲気でスタート。

kemono9
ジャズベースなのに、いままで聞いた事がないような世界観。ポップなのに大人。
それでいて無邪気さや甘さ、切なさ、けだるさ、いろんな表情をみせてくれます。

kemono5kemono13
夕暮れ時のオレンジの光が夜の闇の中にとけていくように
会場全体がけものさんの奏でる音にどんどん引き込まれていくのを感じました。

kemono11
kemono10

ラストの曲はは宮沢賢治「星めぐりの歌」。
もう自分がどこにいるのかわからなくなるような感覚に。
不思議でやさしい音楽につつまれて… 夢のような時間はおわり。

今夜も けものliveの余韻に浸る、秋の夜長なのでした。

(オクグチ)

けもの:青羊(ボーカル)、織原良次(ベース)、 トオイダイスケ(ピアノ)


[ ストーリー ]
2014.10.07

Don’t Sing Another Song Photo Exhibitionのこと


10月8日(水)より、風の栖 庭小屋にて写真展を開催します。
タイトルは「Don’t Sing Another Song Photo Exhibition」。
杉江篤志 写真集「DON’T SING ANOTHER SONG」リリース記念企画となっております。
 
展示の様子をいち早くご紹介いたします。
 
PA077192
 
「DON’T SING ANOTHER SONG」は出版レーベル「mille books」、
旅の道具店「TRAVELER’S FACTORY」、そして私たち「NAOT」による写真集。
全く違う3社ですが、共通しているのは旅と音楽が好きということ。
そこから自然と同じ嗜好の音楽家の方たちと親交を持つようになりました。
嬉しいことに彼らは私たちの本、靴、ノートを日々の道具として愛用してくれています。
 
そうした出会いから、モデルとして5組の音楽家さんに参加していただき、本、手帳、靴にまつわる写真集ができました。
撮影してくださったのは写真家・杉江篤志さん。
白黒フィルムで切り取られた風景から、自然でいてどこか懐かしい空気を感じられます。
 
PA077200
 
どれも何気ない日々の一部。
影と光のコントラストが、それらを心地よく映し出しています。
 
PA077198
 
PA077205
 
PA077204
 
PA077206
 
PA077194
 
誰かを思うとき。
自分と向きあうとき。
家族や仲間と過ごすとき。
 
そしてそれに寄り添ってくれる物たち。
 
やさしく静かな一瞬一瞬の風景をお楽しみください。
 
 
 
写真 杉江篤志
出版 mille books、TRAVELER’S FACTORY、NAOT
-5組のミュージシャン-
山田稔明 (GOMES THE HITMAN)、青羊 (けもの)、tico moon 、良原リエ、Lica
(敬称略)
 
 
 
「Don’t Sing Another Song Photo Exhibition」
2014年10月8日(水)〜 10月13日(月) 風の栖 庭小屋にて
 
詳しくはこちら
 
 
(カマナカ)
 
PA077195


[ ストーリー ]
2014.10.04

風のささやき−フランスシターの調べとともに−


9月27日に開催された いいだむつみさんのフランスシター演奏会。

今回で風の栖では3回目の演奏会なのですが、

実は初めての演奏会のときにフランスシターの音色に魅せられて、

今ではむつみさんに習って演奏を始められた方もいらっしゃるのだそうです。

 

今回も風の心地よい庭小屋にて、

ゆっくりと更けていく秋の夜とともに、むつみさんの演奏は始まりました。

フランスシターならではの曲や、

チターという他の楽器のための曲を、シターの演奏用にアレンジされたりなど

曲にまつわる話も織り交ぜつつ、色んな曲を演奏してくださいました。

誰もが耳にしたことがあるような歌謡曲も、

シターの音色で聴くと、また違った趣があります。

IMGP6236

IMGP6247

今回は2部構成で、休憩時間には風の栖オリジナルハーブティーを飲んでいただき、

みんなでホッと一息…。

第2部は、むつみさんのお楽しみ企画で

2種類のリコーダーを演奏してくださいました。

IMGP6244

IMGP6254

演奏会後は、みなさんフランスシターに興味津々…。

IMGP6225

明日が来ることも、冬が来ることも、来年また春が来ることも

私たちは普段意識することもなく、

当たり前なことだと感じながら過ごしているかもしれない。

一日を忙しく過ごしても「また明日があるから」と心のどこかで思っていたり。

 

明日を祈る、春の訪れを祈る、誰かのことを祈る…

ほんの少しでも何かを想うこと、ひと呼吸ついて自分を許すこと

 

フランスシターの音色は、つい忘れがちなそういう時間を大切にしたくなる

きっかけを与えてくれるような音色だと感じました。

(モリ)

 

IMGP6243

 
前回の演奏会の様子
雨の日のフランスシター


[ ストーリー ]
2014.09.27

風のマルシェ 秋もスタート!


風のマルシェをはじめて、もうすぐ一年がたとうとしています。
毎回参加してくださる方たちのものがすばらしくて、 みなさんにもそれをお届けできて、 やってよかったなぁと心の底から思っています。
今回もスペシャルな方が多かったので、 開店前からたくさんの方が並んでくださいました。

今回のスペシャルゲストの一人は、チーズケーキのtentonさん。
良質のチーズをたっぷり使い、ベイクトではなくて、湯煎焼きでじっくり時間をかけて焼かれるチーズケーキ。
初めて食べたとき、あまりの濃厚さ、なめらかさに言葉を失ったほどでした。
この感激をみなさんにぜひ味わっていただきたくて、今回のマルシェにお声をかけさせていただいたのです。
tentonさんは快諾してくださり、当日も来てくださって、3種類ものチーズケーキを販売してくださいました。
お手にしていただいたみなさま、素敵な時間を過ごされましたでしょうか?
tentonさん、本当にありがとうございました!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

広島からのおへそカフェさんのパンも、初めてのスペシャルゲストです。
ご自分たちで育てた無農薬小麦粉を使われるほど、材料のひとつひとつにこだわり、
通常8〜12時間のところ、発酵時間を28時間もかけられるほどの製法へのこだわり、
そして何より地球や環境に対する考え方にとても共感して、 ぜひとも風のマルシェにパンを並べていただきたいと思いました。

そんなおへそさんのパンの特徴は、そのずっしりした重さ。
噛むほどに味わい深く、薄いスライスでも食べ応えがあります。
オリーブオイルと合わせると、さらに美味。
嬉しいことに、おへそカフェさんは、来月10月のマルシェにもパンを届けてくださいます〜〜。
お楽しみに!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もうひとつ、今回初めての試みが、「きまぐれ蚤の市」。
スタッフNちゃんのアイディアで、スタッフの私物・・・ 洋服やバッグ、ハギレ、雑誌、雑貨などなどがズラリと並びました。
みなさん、直感で選ばれたり、じっくり座って雑誌を選ばれたり、 お気に入りを見つけてくださっていて、大成功でした。
こちらはまた、きまぐれなタイミング、でやれたらなと思います。

そして、いつもいつも風のマルシェを盛り上げてくださる方たち。
ミアさんのパンは大人気すぎて、いつも瞬殺です。
今回は食パンもたくさんありました。
うりぼうオーブンさんのキッシュ、タルト、焼き菓子もこの季節ならではの内容。
ハナロジさんのブーケも変わった品種もあってかわいらしい!
札幌のたべるとくらしの研究所さんのジャムたちは、今回はモモ祭り。
川中島、黄金桃、まどか・・・など品種による違いを楽しめるなんて贅沢ですね。
いつもいつも、 「え?本当にこの値段でいいの?」と驚かれる新鮮なお野菜たち。
特にご近所の方には大人気です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なにぶんスペースが限られているため、行き届かぬ点等あったかと思います。申し訳ないです。
またこれからもどんどん改善していき、みなさんにたくさん おいしいもの、美しいものをお届けしたいと思います。
ご出店くださる方たちも、いつも本当にありがとうございます。
来月はいよいよ1周年。
またスペシャルなものたちに加え、 長年作りたいなぁと思っていた、風の栖オリジナルのハーブティーもお披露目できる予定です。
見た目も美しく、飲んでほっとするハーブティー。 お楽しみに!!

ミヤガワ(ミ)

今までの風のマルシェ
2014年 3月4月5月6月


[ ストーリー ]
2014.09.25

落合 恵 イラスト展「Oh! Climb」のこと


風の栖 庭小屋にて、イラストレーター 落合恵さんのイラスト展をしています。
 
今回の展示のタイトルは「Oh! Climb」。
その名のとおり、テーマは「登山」です。
 
 
落合恵さんは登山がお好きなイラストレーターさん。
 
登山と言うと、雄大な自然やちょっと険しい道を想像するかもしれません。
ですが、彼女が描く山やそれにまつわる物は、とてもやさしいのです。
 
思い思いに山を目指す人や動物を眺めていると、なんだか穏やかな気持ちになります。
 
P9176883-2
 
P9176890-2
 
P9176891-2
 
ばっちりアウトドアスタイルの動物たちに思わずクスッとなります。
 
P9176893-2
 
P9176894-2
リンゴやコーヒーは登山のおともにぴったり。
くまさんは一休み中でしょうか…想像がふくらみます。
 
 
秋の奈良でちょっとやさしいアウトドア気分をあじわってみませんか?
落合さんならではの心地よい世界をお楽しみください。
 
落合 恵さんイラスト展
2014年9月17日(水)〜9月28日(日) 風の栖 庭小屋にて
 
 
 
 
ペナント風メモや、カラフルでかわいい名峰ペーパーなどの物販もあります。
 
P9176888-2
 
P9176892-2
 
 
そして今回の展示では、落合恵さんによるNAOTオリジナルTシャツもご覧いただけます!
Tシャルについて、詳しくはこちら
 
P9186996-2
 
(カマナカ)
 
前回、NAOT TOKYOでの展示について詳しくはこちら
「楠山の二合目、三合目」落合 恵 イラスト展


[ ストーリー ]
2014.09.23

「かぜいろボートネック」新色できました。


オリジナル かぜいろT シャツ 新色届きました!

この春誕生した風の栖オリジナルTシャツに、新しい色が仲間入り。

素材の良さ、衿のデザインが、とても素敵だとお客様から喜びのお声を沢山いただいています。

今回、5色新しい色が届きました。
季節に合わせて、シックな色合いです。

グレージュ
グレージュ

モーブワイン
モーブワイン

グレー杢
グレー杢

ルンバレッド
ルンバレッド

インディゴブルー
インディゴブルー

シンプルなのでお手持ちのストールやお洋服に合わせて、日常にお楽しみください。

P9186935-2

P9186948-2

(ムラカミ)


[ ストーリー ]
2014.09.13

結城琴乃さんの世界


思わず歓声をあげたくなる!
でも、押し殺す。
黙って。じーと見つめる。
そう、描くでもなく、撮すでもなく、ほそい金属で表現された花達。
金属の冷たさを感じられないのは、手作り作家結城さんの、指先から自然を慈しむ想いがつたわるから。
絲になった針金に、命を吹き込む。
葉脈の一本、一本、花びらの一枚一枚まで、風に揺れるよう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

想いが届いて、風の栖にやって来ました。
お花や、葉っぱ。そして、可愛い木のブローチ達も。
軽くて、Tシャツにもつけられます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それぞれ違うので、迷ってしまうけど、どれも愛おしい。
結城さんの作品を手にすると、道端の野の花や、渡り行く鳥たちが気になるかも。
是非、風の栖で出会ってください。

(ムラカミ)


[ ストーリー ]
2014.09.03

タイムスキップする夏休み


今年の夏休み、風の栖では奥の小屋でみなさん参加型のイベントを企画しました。
題して「タイムスキップ展」。

*********************

きっかけはスタッフ同士の会話からはじまりました。
「もし、自分がどの時代にでも行けるとしたら、いつにいってみたい?」

スタッフの1人は「白亜紀」といいました。
もう1人は「数年前の過去」で、私は「30年後の未来」でした。
みんな違う。違いすぎる。それぞれの答えの振れ幅が大きすぎて、おもしろい!と思いました。
なんでなんで?とお互いに聞くと、どの答えにも納得できたり、興味深い理由がありました。

この質問、たくさんの人に聞いてみたいねということになり
参加型のイベント「タイムスキップ展」を開催することになったのです。

開催時期はもちろん夏休み!と決めていました。
私の考える夏休みは、くだらなくて壮大な妄想をするのにぴったりの最高のバケーションだと思うからです。
そして、大人にも子供にも参加してもらいたかったからです。

 

イベント前から、風の栖に来てくださるお客さま、文筆家の方、ミュージシャンの方、作家さんなどなど、いろんな方にタイムスキップ計画をいただきました。
「江戸時代で満腹ツアー」
「1970年大阪万博の年に今、行ってみたいです」
「縄文時代で土器がみてみたい!」
「生徒が大人になった時代に行ってみたい」
ひとつひとつの文章をみると、まるでその人の頭の中をのぞいているような感覚になります。思わず自分も一瞬その時代にスキップしてしまいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みなさんにいただいた数々のタイムスキップが小屋の壁一面になりました。さあはじまりです。
会期中にふらりと立ち寄ってくださった方にも書いていただいて、日々壁がタイムスキップ計画でうまっていきます。
浴衣姿の女性、小さな男の子、お母さん・・・。展示をみながら、わいわいと楽しまれている声が聞こえます。
おもしろかったのが、展示名を見て、「タ〜イムスキ〜ップ」と声を出して読んでくださる方がよくいらっしゃったこと。これだけでも私は嬉しい気持ちになりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

会場には、謎の生命体たちも出現。彼らはどこから来たのでしょう?

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、会期中の2回の日曜日には、お楽しみイベントを開催しました。

まずは、服部健太郎さんによるひとり創作芝居「タイムスキップツアーズ」です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

服部さんのお芝居はとにかくパワフル!アニメのように体がピョンピョン動き、百面相のごとく表情がどんどん変っていきます。お客さんの笑い声に包まれながら、テンポよくすすむタイムスキップツアーはあっと言う間にすぎていきました。

次の日曜日には、お待ちかねのデルベアさんによる出張かき氷やさん。
毎度デルベアさんのかき氷は特製のシロップが楽しみです。今日は何のシロップかなあとファンのお客さんで大賑わいでした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

かき氷を食べたあと、ふと夏の終わりを感じたのは私だけでしょうか?
大好きで夢のような夏休みもいつかは終わりは来ます。それでも、いつでもタイムスキップできるように軽い気持ちでいたいなと思いました。またタイムスキップ展がしたいなあ。

(ハットリ)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


[ ストーリー ]
2014.08.16

ペンギンファームのこと


風のマルシェで新鮮な野菜を届けてくれている農園「ペンギンファーム」。
歴史街道の山の辺の道にほど近い天理ののどかなところにあります。
夏真っ盛りの暑い日に、農園の様子を案内してもらいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

毎日たべる野菜を自分たちで作ろう。
ペンギンファームは、元同僚を中心としたメンバーでわいわいと始まりました。

誰一人として本格的な農業経験はありませんでした。本やインターネットで調べながら、近所の農家の方にアドバイスを受けながら、開墾し、水をひき、すこしずつ畑の土地として整えていきました。

IMGP1269

ペンギンファームは特別にどこかに出荷するために野菜をつくっているわけではありません。
あくまでも自分たちが食べたいもの、育てたいものをつくっているので
畑には色々なものが植えられています。

ちょうど今の時期は夏野菜がたくさん!

IMGP1237

IMGP1241

IMGP1242

IMGP1250

ペンギンファームの野菜は、自分たちや家族が食べるものを作っているので
有機農法で無農薬での栽培が中心です。
そのかわり色んな形だったり大きさだったり、スーパーには並んでいないような個性的な野菜たちばかり。

あまくて美味しい果物もだんだん増えてきました。
美味しそう!

IMGP1252
IMGP1256

IMGP1257

ペンギンファームのみなさんは、それぞれが自分のペースで畑の面倒をみています。
みなが揃って作業することはほとんどないのだとか。

畑にはこんなメッセージもちらほら。

IMGP1266

畑での作業は毎日のことです。水やり、草抜き、収穫とやることはいっぱいあります。
案内してもらった日もとても暑くて大変だろうなあと思いました。

野菜も好きですが、お酒も大好きな農園のみなさん。
年に数回、畑で何を育てようか、どこに何を植えようかを考える会議と称して
飲み会が行われているのだとか・・・。楽しそうですね!

そんな方たちの作る野菜は、夏の間は2週間に一度、
土曜日に風の栖のお店に並んでいます。
8月は16日、29日を予定しています。

そしてまた、9月からの風のマルシェでも並ぶ予定です。
あくまでも、とれたぶんだけ。お天道様におまかせの野菜ですので、出会われたときはぜひお手にとってみてくださいね。

(ハットリ)
IMGP1277

 


[ ストーリー ]
2014.08.09

隅田川の花火


隅田川4

隅田川1

隅田川aa

隅田川8

隅田川21 隅田川22

隅田川cc

隅田川dd

隅田川19

 

夏のはじまりと夏の終わりがいつかはわかならい。

でも、確かにこのときは夏の真ん中にいた。

 

 

ミヤガワ(ア)、オクグチ


カテゴリー

アーカイブ