風のたより/ニュース

風の便り
[ ストーリー ]
2014.03.26

風のマルシェ便り 3月15日


3月の風のマルシェのご報告です。

当日はお天気も素晴らしく、
絶好のマルシェ日和となりました。

風もやわらかくて、あたたかい日。
ハナロジさんの素敵なブーケにはもう桜が!
春がきたなぁ…!としみじみ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今年はじめてのマルシェはラインナップも盛りだくさん!
目玉の”おとりよせマルシェ”にははじめて参加してくださるお店もいっぱい。
冬のお休みを経て、ますます魅力的にパワーアップしてお届けしました。

今回は村上トモミさんのイラスト展「Bonne journee !」との同時開催。
パリの景色や人々からインスピレーションを受けて描かれたトモミさんのイラストが、
マルシェに花を添えてくださいました。
庭小屋に入った瞬間、一瞬、日本にいることを忘れてしまうほど。
そんなパリの風を感じることができるイラスト作品たち。
そして庭小屋いっぱいに並ぶ、彩り豊かなジャムやお花、お菓子やパン。
見ているだけで心が踊る空間となりました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
この日のマルシェはいままでで一番の賑わいだったと思います。
その証拠にオープン30分でほとんどのものがお客様のお手元に!

「こんなお菓子だったら毎日食べたいな!」
「子供にも安心して食べさせることができる」
「素敵なプレゼントができそう…!」

と、嬉しい声もたくさんいただきました。ありがとうございます!

次回の風のマルシェは4月19日(土)です。
どうぞおたのしみに。

(オクグチ)

■ 2014年3月15日(土) 風のマルシェ ラインナップ

marche_Bagel_cmarche_EgyptSalt_MoroccoPepper_tmarche_Bakedsweets_amarche_Jam_Condiment_tmarche_Bread_mmarche_Flower_hmarche_Quiche_Tarts_u

◆ mia’s bread special sandwiches ◆

・クリームチーズとハム&vege よもぎとくるみのパンのサンドイッチ
・豆腐のハーブステーキ 網焼きグラハムパニーニのサンドイッチ
・春野菜のサブジーのピタサンドイッチ
・いちごとアーモンドのスコーン


[ ストーリー ]
2014.03.23

瞬間を永遠にする


「何も考えずに撮ってますー。」

と、くったくなく笑う角田さん。

どうしてこんな瞬間を切り取れるのかしら?
と思って聞いたときの答えです。

フォトグラファー角田明子さんとの出会いは、ラトビア。
泊まっているホテルが偶然同じだったという不思議なご縁で、
そこからNAOTの写真撮影や、風の栖やNAOT TOKYOでの写真展など
いろんなことでお世話になっています。

角田さんの写真は瞬間の切り取り方がすごいのです。

女の子がスカートの裾をちょっと持ち上げた瞬間。
花束を持ったおばあさんがはにかむ瞬間。
ネコがひょいと顔をあげた瞬間。

da7a335c610f325fe91157fcf9c26f9a
tumblr_inline_mx85fx5P6r1s3ygl7
_B2C5557
_B2C1078
_B2C2261
nara_NAOT_senden1-640x426
1554460_10203510868193463_258169962_n

自然な瞬間を、永遠のものにできる。

なんて素敵な技でしょう。
それは、たとえば私が同じ時間に同じ場所にいたとしても、
「あ、こんな瞬間があったんだ。いつの間に?」と新鮮な驚きをもってみられるのです。

角田さんを通すことで見えてくる風景。

私はそれが大好きなのです。

ミヤガワ(ミ)

 

角田明子(ツノダアキコ)

tsunoakko.blogspot.jp
1976年、東京生まれ。 1998年多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業、フリーランスのフォトグラファーとして活動を開始。広告をはじめ、雑誌やCDジャケットなど様々な分野で活躍している。
風の栖/NAOT TOKYOでは、ナオトの靴の写真を撮っていただいたり、写真展をしたりしていただいている。
旅先にはいつもOLGAをこれでもかというくらい愛用してくださっています。

NAOT TOKYO 「Day in Kihnu」2014 3.7~4.12
角田さんが撮影された、エストニアのキフヌ島の人々や風景の写真を展示しています。どうぞお楽しみください。


[ ストーリー ]
2014.03.08

「風のマルシェ」のこと


旅をすると、まだ見ぬおいしいもの、うつくしいものが沢山あることに気づきます。
おいしいものは人を幸せな気持ちにしてくれます。
うつくしいものは心をパッと明るくしてくれます。
どちらも私に元気をくれるものたち。
 
ひとりで食べるごはんよりも、みんなで食べるごはんのほうがおいしく感じるように、
それをたくさんの人とシェアできたらなんて楽しいだろう!
そんな想いから風のマルシェはスタートしました。
普段なかなか手に取れないものが手に取れる「おとりよせマルシェ」が自慢です。
 
毎回、風の栖の庭小屋は奈良の名店をはじめ、
全国のお店さんの想いのこもったお菓子やパン、お花、野菜でいっぱいになります。
見ているだけでもわくわくします。
 
ma1ma12ma2

それでもなによりお客様の笑顔でいっぱいになる事がとてもうれしい、幸せな時間です。
これが見たくて、味わいたくて、つづけていこうと思うのです。

おいしいもの、うつくしいもの、心おどるものに囲まれた一日。
風のマルシェは、3月、4月、5月、6月、9月、10月、11月、12月の第三土曜日。
年8回。
毎回の出会いをどうぞお楽しみに!

ミヤガワ(ミ)・オクグチ

ma51


カテゴリー

アーカイブ