ニュース

ニュース
2016.11.24

わたしのカールさん

%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a%e7%b5%b5
お店のディスプレイもクリスマスのよそおいになり、
近く年末を迎える今日このごろ。
ふと、わが家のカールさんにも季節感を。
と思い立ちました。

社会人になってからの付き合いで、
かれこれ7、8年の連れ合いカールさん。
たまに葉を落とすことはあれど、いつもくるくる癒し系。
二度の引越もなんのその。
環境の変化にも負けません。
生き生きと躍動的な葉は
どことなく弾んだ気持ちにしてくれて、
話しかけながら愛でると新芽が出てる。
対話型なんですね。

%ef%bc%92

わが家にはこんなクリスマスツリー。
今年は二人のサンタさんも仲間入りです。

今度は挿し木にトライして、
春にはカールJr.の姿をおがみたいな。
(ナカムラ)


2016.11.17

dans la nature 今年もありがとう お菓子セット 2016

n1
n2

多数のご注文ありがとうございました!予定の数に達しましたので、
ご予約受付を終了させていただきます。

風の栖の冬の風物詩。
「今年もありがとう お菓子セット」が戻ってきます!

風の栖で大人気のお菓子やさん、dans la nature 千葉奈津絵さんの
焼き菓子がたっぷり味わえるセットです。
普段店頭ではご案内のないお菓子のため、
奈津絵さんのお菓子を楽しんでいただける貴重な機会です!
ぜひ、お楽しみに!

 

詳しくはこちらから↓
kazenosumika.com/blog/2016/5537


2016.11.17

拝啓、月がきれいですね

%e5%86%99%e7%9c%9f
夏の終わり頃、1通の手紙が届きました。

差出人は、私の学生時代の書道の先生で、
大人になってからは年の離れた友人のように
長年仲良くしてくださっている方。
私の引越しで家が離れてから、ときおり手紙を送りあっていました。

ひさしぶりのお便りには、先生の近況とともに
こちらを気遣ってくださる言葉があり、
私もすぐに返事を書きました。
そこから、文通が再開。
すっかり筆不精になってしまった私と、
相変わらず筆まめでお返事の早い先生と。
それぞれのペースで、時にはメールも交えながら、
やりとりは続いています。

手紙を送るときにあるのは、ただ、相手と、自分の時間。
根がのんびり屋の私には、それが心からホッとできるのです。

どんな言葉を、綴ろうか。
いただいた手紙を読み返しながら相手に思いを馳せていると
自然と気持ちが和らぎます。

今晩、また、手紙を書こうと思います。
おいしい珈琲を淹れて。
書き出しは、そうだな・・・

"拝啓、月がきれいですね"

(タニグチ)


2016.11.13

ハナロジさんから、生け込み便が届きました

hanaroji161112
アマランサスとベルギーナッツが、真っ赤な姫林檎を囲んで。
秋の陽射しとともに皆さまをお出迎えしています。


2016.11.11

11・12月 休業日のお知らせ

いつも風の栖をご利用いただきありがとうございます。
11・12月 休業日は下記の通りです。
*12/29(木)〜1月2日(月)まで年末年始休業をいただきます。

kaze1611
kaze1612

2016.11.10

晴れ女!! ?

img_0673
私は自分でも晴れ女だと思っている。

何の根拠もないのに、大丈夫晴れると勝手に確信している。

旅先でも、乗り物に乗っている時に降られても、
降りる時には止んでいる事が多い。
今回の出張も、朝から大雨だったけど、仕事先を出た時には止んでいた。
それからは傘はいらない。

何でも良いから、そんな些細な偶然を自分勝手に楽しむ事が、
今まで沢山あったように思います。

img_0665

先日、やっと藤原京のコスモスを見に行けました。
満開の時期を過ぎていたけれど、
それがまた晩秋の風情をより一層感じさせてくれました。

img_0669

時折風が通ると、カサカサ囁きあっています。

img_0678

しばらくしていると畝傍山の真上に夕日が下りていき
美しい一瞬を写真に収められました。
こんなにゆっくりと夕日を見るのも何ヶ月振りでしょう。
しあわせな時間です。

明日も晴れです。
(ムラカミ)


2016.11.03

庭の冬支度 つれづれ

暑かった夏も過ぎ、気が付くと
上着がないと肌寒い季節になっていました。

我が家の庭もすっかりと秋が深まってきました。
自然界のスピードがはやすぎて、いつの頃からか
荒れ放題、いえ、有るがままになっていった庭の植物たち。

当たり前のことですが、毎年違った表情を見せて、
私たちを楽しませてくれます。

2013_0310_23081000

今年は・・・というと、ドングリが豊作でした。
ほとんど実をつけない年もあるのに、
今年は降るようにドングリが落ちてきていました。
静けさの中でポトン、ポトンと木の実の落ちる音が聞こえてくるのです。
ドングリを食べてくれる動物が来てくれると嬉しいのになあと思ったり・・・。

2013_0405_21203200

そして、我が家の一番早い年越し準備。
お正月に飾る南天の実の袋掛けです。
南天の実が大好物の野鳥から、毎年すこーし譲っていただくのです。

毎年の習慣に、冬はもうすぐだなあと感じる今日この頃です。

(テライ)


2016.11.02

ハナロジさんから、生け込み便が届きました

hanaroji1101
マリーゴールドの黄色が、色づいた木苺の葉によく映えて。
秋の実りの柘榴とともに、皆さまをお迎えしています。


2016.10.27

オリジナルの布が生まれました

hp

いつかオリジナルの布が作れたらいいねと話してから
どれくらいの月日がたったでしょう。
ようやく作ることができました!

身にまとうと心が弾むfestival、
美しい水中を想像させるswimmyの2種類です。

来春お洋服として登場します。
柄に表情があるので、どこを使うかで
一点一点柄が違うお洋服になります。

hp3

先行して、
オリジナル柄のマスキングテープと、手刺しのブローチが新登場!
素敵な柄を手軽に楽しんでいただけます。
既に店頭でご案内しています。

maste
hp4

ただいま開催中のイベント「風のよそおい展」ではオリジナル布も
展示しています。ぜひ遊びにいらしてくださいね!


2016.10.27

思い出のキャラ弁

先日スタッフ達と「キャラ弁」の話題で盛り上がった。
今や、キャラ弁キットなるものが売ってあるらしく、
お手本通りに作れるおにぎりの押し型や、野菜の抜き型で、
色々なバリエーションのかわいいお弁当が作れるらしい!

ふと、自分が子供の頃作ってもらっていたお弁当が蘇ってきた。
おにぎりが顔になっていたり、お花になっていたり…
あ!私のお弁当もキャラ弁だったんだ!
すぐさま母親に写真がないか聞いてみると…
昭和の時代のキャラ弁達の写真が出てきました!

11
動物園に遠足に行った時のライオン弁当。
こ、個性的…オクラ、ウインナー、プチトマトを使った
カラフルなタテガミがポイント。

22
このお弁当すごく覚えてる!
花博に行った時のお弁当で、お花のおにぎりがかわいくてかわいくて
とても嬉しかったな〜!

33
ひな祭り弁当は、朝早くからハサミで海苔を切って目や口を作ってくれてた。
よく顔のパーツが紛失したりして…今見るとちょっとシュールで笑ってしまう!

4
そして、卵焼きのお札が大胆なキョンシー弁当!
なんでキョンシーなん?て聞くと、前日に妹と二人で
キョンシーダンスを踊りまくっていたかららしい…。

 

今の子供はこのシュールなキョンシーみたら泣いちゃうかもしれないな、
と思いつつ…
お弁当の思い出と同時に、キャラ弁キット等ない時代に
おっきなキッチンばさみで工夫して作ってくれていた母の姿が蘇ってきた。
あの頃お弁当のフタを開けるのが楽しみで楽しみで、
今日はなんの仕掛けがあるのだろうとワクワクしていた。
キャラ弁てなんだか大変そうと思っていたけど、
ワクワクしてたあの頃の気持ちは
大人になってもハッキリと覚えているもんだな。

(ナガタ)


アーカイブ