風の便り/ニュース

風の便り
[ ストーリー ]
2016.08.04

森へ行った。


mori

夏休みのはじまりの日。
自転車を走らせて、森へ行った。

川沿いの道を、風を切って進む。
途中から林の間を登っていくと、
緑の森の中に出た。

木漏れ日の中、
ログハウスと苔むしたテラス。
裏庭にはウサギ小屋と朽ちかけたベンチのある、
時間が止まったような、緑の世界。
不思議な心持ちで、しばらく佇んでいた。

実は30年来の地元の植木屋さんで、
後でお店の方に案内してもらい、
自宅の庭にと、小さなハーブを買って帰った。

帰路、また自転車で林を抜けながら、
なんだか夢みたいだと思った。
そして、とても夏休みらしいな、とも。

とても素敵な夏休みのはじまり。
あの森との出会いで、また、夏が好きになった。

(タニグチ)


[ ストーリー ]
2016.08.03

ハナロジさんから、生け込み便が届きました


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
コロンと小さな実は、カメレオンという名前の唐辛子のなかま。
夏の日ざしの中、元気にみなさまをお出迎えしています。


[ ニュース ]
2016.08.02

8・9月 休業日のお知らせ


いつも風の栖をご利用いただきありがとうございます。
8・9月 休業日は下記の通りです。

kaze16081
kaze1609


[ ニュース ]
2016.07.25

7・8月 休業日 / 夏季休業日のお知らせ


IMG_5560

いつも風の栖をご利用いただきありがとうございます。
7・8月 休業日は下記の通りです。

また、7月25日(日)〜8月2日(火)まで夏季休業とさせていただきます。
ご不便をおかけしますが何卒ご了承くださいませ。

201607kaze
kaze1608

店舗情報について詳しくはこちら


[ ストーリー ]
2016.07.24

環境てすごい


MG_7457 のコピー

3歳半になる息子の言動に笑ってしまうことが多い日々だ。

意味もわからず真似する時期なのか、
言葉の言い間違いや、
車でかけてる音楽の歌詞をいつの間にか口ずさんでたりすることも多い。

最近ヘビロテの歌詞は、
「学校ないし カーテンもないし 〜 格好つかないし♪」
「今日 じんるいははじめて〜 もくせいについたよ〜♪」

おしい間違いも多くなってきた。
「七五三」は「いちごやさん?」
「蚊にかまれた」は「カニにかまれた」

お、そうくるかと思うこともある。
「ピンポンパンポ〜ン♪の「パンポン」てなに?」
と聞かれたり、
「パソコンで買ってん」と言ったら
「パソコンから取ったん?」と返されたり。

言葉ってこうやってひとつひとつ吸収していくのだなぁと日々実感。

 

IMG_01

いつかは間違いが減ってきて普通に会話ができてしまうんだろうけど、
それまでのこの時期もとてもおもしろいので、訂正もせずに楽しんでいる。

そうそう、奈良で育っているので、
当たり前だけど関西弁ネイティブになっている。
環境てすごい。

自分で環境を選べる大人と
今いる環境がすべての子どもと。
だからこそ仕事も家も自分たちに居心地のいい環境を求めていきたいと思う。

(ミヤガワ ミ)


[ ストーリー ]
2016.07.22

オリジナルのお洋服が充実しています!


kaze1

梅雨が明けて、
空も山も風も あざやかに光る季節。

 

緑が濃く繁るように、
今夏の風の栖では、オリジナルのお洋服が
これまで以上に豊富に店頭に並んでいます。

 

定番のパンツやブラウス、ワンピースに加え、
新たなラインナップとして
サロペット、タックブラウス、ワイドパンツ、etc…
着る人が引き立つシンプルでさりげないシルエットと、
ちらりと見えるボタンや裏地、前後どちらも着回せるデザインなど、
こだわりと遊び心がいっぱいのお洋服たちは
永くたくさん着てほしいと想いを込めた自信作ばかり。

 

この夏、ワードローブに新たな相棒を。
お洋服との一期一会を楽しみに、ぜひ遊びにいらしてください!

kaze2

(タニグチ)


[ ストーリー ]
2016.07.22

ハナロジさんから、生け込み便が届きました


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

白のヒペリカムが印象的な、今回の生け込み便。
ルリダマアザミ、エリンジウム、ネコジャラシも一緒に、
みなさまをお出迎えしています。


[ ストーリー ]
2016.07.16

ハナロジさんから、生け込み便が届きました


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
タニワタリウェーブと、クルクマジンジャー。
鮮やかな緑にほんのり桜色で、みなさまをお出迎えしています。


[ ストーリー ]
2016.07.13

6月のパリに行ってきました。


宿

6月のパリに行ってきました。
テロもあり、セーヌ川の氾濫などで心配されましたが、
奈良のきたまち大門玉手箱(古本市)がパリで開催される事に
便乗しての参加です。

その古本市の参加以外は、フライトもすべて自由です。
私は3人の友人と組み、パリ入りしました。

そして、住むように暮らす旅。
憧れのアパルトマン住まいを一週間体験です。
そこは、中心から少し離れ、交通の便も治安も良い住宅地でした。
(前後2日はホテルだったので、その違いに新しい旅の楽しみ方発見)

部屋

広いベッドルームが4部屋、バスルーム2部屋、家事室、乾燥機付き洗濯機、
大きなオーブン付きのオープンキッチン、広いリビング。
大人5人と可愛い5歳の女の子が一人の6人がルームメイトです。

暖炉にWベッド、収納スペースがたくさんある私の部屋からは、
向かい側の窓辺や、下のお店の裏側も見えて、
ちょっぴり、ヒッチコック「裏窓」の世界。

 

3度目ですし、せっかくアパルトマン住まいなので、今回は観光地巡りでは無く、
マルシェと蚤の市(ヴロカント)を楽しみたいと思っていました。
そして少し郊外を鉄道に乗って出かけ、好きなところで降りて、
面白いものに出会えるよう、ゆっくり歩く。
贅沢ですね。

食材

フランスの本場バケットは、勿論美味しくて毎日買いにいきます。
そして、マルシェで出会った食材。
アーティチョーク。
チコリ。
まるで細筍のようなサイズのアスパラガス。
茎の赤い、肉厚ほうれん草のような葉はビエトラ?束ねられたフレッシュハーブ。
大きなコブになったフェンネルの茎。
5センチはある大きなマッシュルーム。
その他見たこともないキノコ類‥‥‥チーズもいろいろ。
日本ではなかなか手にすることが出来ない、珍しいフレッシュな野菜を中心に
買い求めました。

また、入れてくれる紙袋がかわいいので、持って帰りましたよ。

まず、生のアーティチョーク初体験。
この花には思い入れがあります。
どんなに大きなアザミの花が咲くのか楽しみで、苗を買って挑戦したけれど、
2回とも成長もしないで消えてしまいました。
食べられると思ったのかしら?やはり。

アーティチョーク2

さて、今回山盛り並べられた中から、欲張って直径18センチぐらいで、
しっかり硬く、ガクが沢山詰まったものをえらびました。
そして、調理法から調べます。
まず半分に切り、中の花びらをくり抜く。
大きなルクルーゼに少量の岩塩とオリーブオイルを入れてゆっくり焼き、
少し水をいれてまた、じっくり蒸し焼きにする。

アーティチョーク

どこを食べるの?どんな味なの?興味深々。ガクを剥いて食べていきました。

これは野菜の蟹!!私たちは、確信しました。
捨てるところが多くて、食べられるところが少ない。
でも、この濃厚な旨みは癖になる。手が止まりません。
それに、どんどん細くなるほど反対に食べられる部分が増えてきます。
茎の近くになると、蟹味噌ならぬ、アーティチョーク茎味噌?になります。
直径5センチぐらいの宝の茎を分け合いながらワインを飲んで、パリを満喫です。
美味しい。

フェンネルの茎も爽やかで、薄く切ってサラダにすると、
甘さと香りが、他の食材を引き立ててくれます。
風の栖の小屋の屋根ファームにも、一株植えてますが、
花も実も楽しみたいので茎は食べられません。
今は、沢山の実を付けてますので、時々口にしてはパリを思い出しています。
多年草なので、増えたら茎を食べてみましょう。
なんて言ったら消えてしまうかもね。

食卓

フランスのマルシェや、大きなスーパーの中にも
Bioと書かれたコーナーを良く目にしました。
オーガニック食材のマークだそうです。
100%の自給率があるので、これからも増えていくのでしょう。
実際、果物も野菜も味は全てしっかりしていました。
ラズベリーも、イチゴも、サクランボも、スグリも。
甘くて酸っぱい。

マルシェ

パン屋

マルシェ籠を持って買い物しているダンディーな方を見つけてパチリ。
素敵なマダムもパチリ。
スーパーも充実しているけれど、曜日を変えて何処かでマルシェは開催されています。
生産者の見える買い物はやはり安心で、おしゃべりが弾んでました。

食いしん坊の私なので、今回は野菜の報告で終わってしまいそう。
また、郊外一人旅や、蚤の市の報告もしますね。

 

追伸 本当に素晴らしいメンバーでした。素敵な企画をたててくれた仲間に感謝です。

(ムラカミ)


[ ストーリー ]
2016.07.07

紫陽花を見に・・・。


ajisai

あっという間に七月に突入!
とはいえ、まだまだむしむし、じめじめと
梅雨らしい天候が続く今日この頃です。

先日、ふと紫陽花を見に行こう!と思い立って
矢田寺に行ってきました。

矢田寺は奈良市のお隣、大和郡山市にある真言宗のお寺で
紫陽花の名所でもあります。
なんと10,000株の紫陽花が植わっているんですよ!

IMG_20140624_125343580

矢田丘陵の中腹にある矢田寺。
険しい坂道の参道を上りきると、立派なお地蔵さんがお出迎え。
味噌なめ地蔵さんです。
口許に味噌を塗ると、作った味噌がおいしくなるとか・・・?
紫陽花も嬉しそうに咲いています。

IMG_20140624_135255661

境内のアジサイ園は・・・。
わ、まるでたくさんの星が宇宙で輝いているようです。

顔より大きな紫陽花が、ぽぽん、ぽぽんと
浮かんでいるさまは不思議な感じ。
こんにちは、ようこそ、と言ってくれてるのかな?

色の変化が楽しい紫陽花。
また別の日に行ったら、違う景色を楽しめるのかなと思ったり。

矢田寺アジサイ園は7月10日まで開園中です。

(テライ)


カテゴリー

アーカイブ