日々のたね

日々のたね

冬の朝散歩

2017.01.26
(その他)

IMG_3825

毎朝、7:30に家の窓から見る空がとてもきれいで
いつも、今からこの空の下、散歩に出かけたらどんなに
気持ちいいだろうと思いながら、朝の支度に追われている。
 
よし、次のお休みの日は早朝散歩に出かけよう!と決めた。
 
早朝散歩決行の日、夜明けと共に起きて
熱々のコーヒーをマイボトルに入れたら さあ、出発!
玄関を開けるとキーンと冷えた空気が気持ちよくて、
なんだか冒険が始まるようなワクワクした気分に。
目覚めたての町は、いつもと違う景色を見せてくれる。
まだ開いていないパン屋さんの後ろを通ると、
パンが発酵しているような甘酸っぱいおいしい匂いがしたり、
春鹿酒造さんからはもくもくと湯気が立ち上がっている。
日本酒を作るお米を蒸しているのかな?

IMG_3826

この日の奈良の朝の最低気温は0度。
町中の桜の木の蕾はまだまだ固〜く、寒さにじっと耐えているみたい。
春は遠いんだなと思いながら奈良公園に向かって
てくてく歩いていると、2、3本の梅の木が赤ちゃんのような
小さな小さな花を咲かせていた。 思わず「わぁ、かわいい!」
こんなに寒くても、ちゃんと春に近づいてる気がして嬉しくなった。
 
そして、花を咲かせた梅の木を見ながら、熱々のコーヒーで一服。
はぁ..寒空の下のコーヒーは沁みる..

11

時計をみたら、まだ8時過ぎ。
早起きは三文の徳だ!今日はすでにたくさんの初めての事に出会っていて、
そして今日はまだまだ長いと思うと心が弾む。
よし、どんどん歩いてみよう。
 
奈良公園の真ん中あたりから、春日大社へと続く道があり、
いつもは、お参りに行く人や観光の人達で賑わっているが、今朝は鹿しかいない。
IMG_3832
春日大社に向かってずんずん進んでいっても全く人の気配がしないので、
鹿や野鳥たちがのびのびと自由に動き回っている。
動物の鳴き声や風で樹々がぶつかる音だけが大きく響いていて、
深い森に迷い込んだ気持ちになってきた。
目の前からトラが現れたらどうしよう…余計な妄想が膨らんで
自然と早歩きになっている。
やっと最初の鳥居で久しぶりに人の姿を見た時には心の底からほっとした。
お参りを済ませると、初詣で来た時には混雑で断念していた
念願の今年の干支の一刀彫を手に入れる事ができた。
 
それからはしばらく気ままに歩いていると…さすがは奈良。
知らない内に神社やお寺の敷地に入っていて、気がづけば
参拝所の横からひょっこり出てしまうこともしばしば…
そして、開店前のお店の前には鹿が集まっている。なんでかなと思って見ていると、
お店が開く時に、あちこちのお店で売り物の鹿せんべいをあげている。
朝ごはんをもらいにきてたんだ!

33

なんとも奈良らしい光景を見られたところで、
私もそろそろお腹が減ってきたので朝ごはんを食べることにしよう。
「奈良伝統 大和茶がゆ」とかかれた看板に惹かれてお店に入り、
あったか〜い茶がゆを頂くと、冷えた身体がどんどん温まっていき、
ありがたい美味しさ。

22

葛餅まで完食し、たっぷり奈良の郷土料理を堪能したら、
時間は10:30
 
お腹も心も満たされたので、そろそろ帰るとしよう。
しっかり準備運動ができて
今日は色々なことが進みそうな予感がしてきた。

 

風の栖では、冬のお散歩にぴったりなアイテムがあつまった
冬のお散歩展も開催中!

(ナガタ)


冬のにおい

2017.01.19
(その他)

1
ある結婚式の招待状が届いた。
中にはハーブが入れられていて、あける前からかおりが漂っていた。

好きな冬のにおいがある。

冬の高い空の澄んだにおい
焼芋のにおい
ヒナタのにおい
灯油とマッチのにおい
3_1
店内に広がるロウバイのかおり
お香のかおり
挽いた豆のかおり
帰り道のゆうげのにおい
2

目には見えない感覚でも、感情はわいてくる。
どんなかおりが待っていて、どんな2人の式になるのだろう。
招待状をあけるときのウキウキした気持ち。
記憶は五感とつながっている
3月の式にはそんなことも思い出されるのかもしれない。
楽しみに思いを馳せながら、
今日も日常のかおりをかんじてみよう。
(ナカムラ)


明けましておめでとうございます。

2017.01.12
(想 い)

ひなた様 のコピー
明けましておめでとうございます。
2017年を迎えました。

猫のヒナタ共々元気に迎えることができました。

お正月休みで、お客さまやスタッフが居ないと寂しいのか,
ますます甘えん坊になって、膝っこ、膝っこと狙ってきます。
こんな時は、しっかり甘えさせて、私もゆっくりヒナタとの時間を楽しみます。

ところで、ヒナタからも、ご挨拶させてくださいとのことです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いつも、可愛がっていただきまして、ありがとうございます。
僕も今年で8歳になります。少しずつではありますが、
風の栖の店長の自覚も身についてきました。
今年も、みなさまのお越しを心からお待ちしています。
お店に来られた時は、是非、ヒナターとお呼びください。
目を開けて、ミァーと返事いたします。
ただ、気まぐれな性格で、日向ぼっこと、寝る事も大事な仕事ですので、
失礼する事が多いと思います。
その時はお許しください。
今年も僕に、みなさまの笑い声を沢山お聞かせください。 ヒナタ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
あら、もう寝てます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リッラクスしている姿を見ているだけで、今年もゆっくり、始まっていきそうです。
さぁー私も沢山笑える事見つけよう。2017年も一回しか無いですものね。
(ムラカミ)


大晦日・心の煤払い

2017.01.05
(想 い)

img_1370
ここ何年か、
晦日か大晦日の日が暮れ始める少し前、
ふらりと散歩に出ることが恒例になっています。
年の瀬の習慣…というわけではなくて、
遅い年賀状を投函しに行くのですが、
年末のちょっとした時間、
今年は新しい年に向けての
心の煤払いになったような気がしています。

慌しい日常から少し距離を置いて、
何に急かされることなく、
風のない穏やかな空の下を、ぼっちら、ぼっちら。
道端に、意外にも緑が多いことや、
中には小さな花をつけているのに気づいたり。
季節の移ろいを感じること。
一日毎、無事に過ごせたこと。
好きな場所で、好きな人と会えること。
喜びを分かち合えること。
そんなこんなを、想うともなく思い、
一年の無事に感謝しながら深呼吸したら、
心にもすっきり青空が広がったようでした。

そして、穏やかに始まった新年、
また、どんなうれしい出会いがあるでしょうか。
たくさんの笑顔と幸せが、みなさまに、私たちに、
いっぱいいっぱい訪れてくれますように。

今年も、この大好きな場所で、
皆さまのお越しを楽しみにお待ちしています!
(タニグチ)