風の便り/ニュース

風の便り
[ ストーリー ]
2017.08.20

風のクローゼット vol.16


n

新人スタッフもっちゃんこと坂元が
お店のこと、商品のこと、日々のこと、気になることを先輩スタッフに
聞いてみよう!そして皆さんに風の栖の魅力をどんどん伝えていこうという企画。
「それ、気になっていたの」という方の参考になれれば嬉しいですし、
これを読んで風の栖に行ってみたいなと少しでも思ってもらえれば幸いです。

 

『 見えてきた! 風の栖のお洋服誕生ヒストリー』〈後編〉

 

eri

前編では、襟付きボートネックブラウスの遍歴から、
風の栖のお洋服作りに対する熱い想いで、盛り上がりました。
後編もお洋服の話から、これからの地球を守る話まで?!笑
引き続き、私たちの想いをたっぷりとお届けしようと思います。
 

改めて、メンバー紹介です。
int

それでは後編スタート!
 
jyosei
 

風の栖で一番最初に生まれたという、
襟付きボートネックブラウスが完成するまでに、
たくさんの試作を作られたんですよね?

それは、何度も何度も作りました!

もっちゃんが今着ているブラウスも実はパターン違いですよね。
そして、私とみささん(宮川)が着ているのが完成品なんです。
見比べてみると、ギャザーの量が違うし、袖口の幅も違いますね。
やっぱり完成品の、ギャザー幅と袖口幅が細い方が可愛い!

 
ude
 
もっちゃんが着ている袖口幅が太い方は、
私が一番はじめに作ったものかな。

本当だ!こんなに違うんですね。

襟元のあき具合や襟幅も何回も試作したのよね。

襟元は鎖骨が程よく綺麗に見える
デザインになっていますよね。開きすぎてないのが嬉しいです!

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
そうそう、二年前までは風の栖でNAOTの靴を売っていて、
接客の時にしゃがんだ際、胸元が見えたら嫌だなと思っていたの。
そこで、何度もやり直して鎖骨を美しく見せながらも
胸元が見えない絶妙な開き具合に仕上げました。
横からも下着の紐が見えないように気を配っています。

 
hap
 
丈の長さも短いものや長いものを色々作ってみて、
どれが一番可愛いのか考えたよね。
短く切りすぎたと思った物が、
着てみると意外にしっくりきたりして
そのままデザインになったものもあったよね。

そういう意外なハプニングからも
新しいお洋服ができたりするんですよ。
偶然から生まれるデザインって面白いよね!
例えば、ブラウスを作るために生地にパターンを取りながら、
残った布の長さでは一着のお洋服を作るのには足りないかな…
と思うと、急遽ブラウスの丈をチュニック丈に長くしたりね。

そうすることで、生地を無駄なく使えますもんね。

 
korec
 
風の栖では、すごく小さなハギレも捨てないよね。
どうやったら使えるかな?なんて考えたりして。

そういう意識って、生きる根本だと思うんですよね。
ものを無駄にせず、再生できるものは再生する。
昔から、与えられたものは使い切る。ということを
日本人は続けてきました。その考え方が染み付いているんです。
それをこれからの人にもちゃんと伝えていかないと、資源も少なくなると思うんですよ。

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
前編でもお話した、お洋服を作る時に
色々な着こなしが出来たり、年中着られるように考えることも、
もしかしたら、モノってそんなに多く持たなくて
良いのかもしれない。ということに通じているのよね。
たくさん買って捨てるのではなく、
それを利用できる方法を考えないと。
これからの地球を守って、自分の子供や孫に伝えていけるものって
そういうものなんじゃないかなって。
だから大切に作っていきたいし、お客様にも長く着てもらいたい。
そして、もちろんお洋服を楽しんでもらいたい。
この考えが、風の栖のデザインの根本かな。

それに通じる話だけど、私たちが作るお洋服は、
特別な日に着る服じゃなくて、
日常に着てもらいたい実用的なお洋服だよね。
そうそう。
日常でも着られて、着方によっては結婚式にまで行けますよ。
そういう万能さって大事だし、
デザインするときにすごく考えます。

 
kaze
 

生地に出会うとパッと瞬間的にデザインが浮かぶんですよ。
自分でも才能だと言ってるんだけど。笑
昔からそんなふうにお洋服をイメージして
集めてきた秘蔵の生地がたくさんあります。

その生地たちが、ようやくオリジナルのお洋服になって
お客様に届けられるようになったよね。
でも生地量が少なくて、数着限定になってしまうことも多いよね。笑
今まで作った中で、特に可愛いなあって思ったものがあって…
白いブラウスなのに、ボタンホールだけ紺っていう。
あったあった! 可愛かったね。
それも量産ができない幻のブラウスだった。

でも、それが楽しいんですよ。
量産ができないから、人と被ることもほとんどないしね。

 
umare
 
風の栖での服作りは、スタッフみんなでお洋服を作り上げていくという感じですよね。
ああでもない、こうでもないってみんなの意見がぽんぽん出てくる。

いろんな身長のスタッフがいるので、
みんなで試着しあって、
私の身長ではもう少し短い丈のほうがいいとかね。

もっと細く、もっと脚が長く見えるように!とかもね。笑

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
実は襟ブラウスの丈は、脚長効果もあるのよ。
ボトムに細めのパンツ、ワイドパンツ、スカート等…
何を履いても美しく見えるように、丈を計算して作っています。

本当に、どんなボトムにも合いますよね!
私は今まで、上下の服を両方ともゆったりサイズにすると、
少しぼやっとするイメージがあったので、
襟ブラウスの丈が絶妙で感動しました!
お客様もそれぞれ、自分に合った着こなしをしてくれているのが嬉しいよね。ワンピースの上から羽織にしてくれていたり、サロペットの下に重ね着してくれたり。
素敵ですよね。
あと、裾をボトムにインすることもできますよ。
そうそう、それは大事ですよね。
インしても膨らみすぎないのが嬉しい。
そうなの、ゆったりと幅はあるけど、
丈が長すぎないからもこもこしなくて、インしても程よいシルエットになります。
これはたまたま偶然なんだけどね。
あはは!そうなんですね。

若い方はインして着るんだ!…って
実は想定外で。笑

 
tukuru
 
最後に質問なのですが、生地の種類が豊富なので、
お客様はどの生地のブラウスを初めの一着にするか、悩まれる人も多いと思うんです。
もしも、一着目に購入するとしたらおすすめの生地とかってありますか?

うーん…その時その時で生地も変わるからね〜
白ひとつとっても色々な白があるし。季節によって生地感も違うし。
しかも幻の生地もありますしね。
数着しか作れないモノもあったり。
そしたらやっぱり、その時の出会いを大切に
選んでもらえたら…ということですよね。

そうですね、出会いを楽しんでもらえたら嬉しいです。
その方が、作る側の私たちも楽しいですしね。
全く同じものをたくさん作るというより、この生地にはこのボタンというように、一着を大切にして作っています。

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
二人(村上、中村)で生地に埋もれて、
楽しそうにイメージを膨らませているよね。笑

そうやって、数は少ないけれど、楽しく大切に作っているお洋服が、着る人にも伝わって楽しんでもらえたら嬉しいなと、いつも思っています。

 
 
 
最後に襟付きボートネックブラウスで、ハイチーズ!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
 
さて、いかがだったでしょうか。
前編と後編の二回に渡って、私も初めて知った風の栖のお洋服の歴史から、
スタッフの熱〜い想いをお伝えしてきました。
 
私たちは一着一着を大切に楽しくお洋服作りをしています。
その気持ちが着てくださるみなさんに伝染したら嬉しいです。
 
さて、次にもっちゃんが探るのは襟付きボートネックブラウスに続いて
定番化した、みんな大好きひざっこパンツ!
特徴的な形をしていて気になっていてくれた方も多いはず?!
 
次回は9月初旬アップ予定です。ぜひお楽しみに!
 


[ ストーリー ]
2017.08.16

敗戦の日 8月15日


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
今、この文書を読む人の中に、戦争を体験した何人がいるだろうか?
全くいないとも言える。

 
私も戦後生まれであり、友人も、子どもの頃に満州からの引き揚げの記憶が
かすかに残っているだけと聞いている。

 
この70年がとても短く感じるのは、目まぐるしいほどの経済成長の流れに乗って、
過去を振り返る余裕さえなくしていたのかもしれない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
94歳になる私の父は、学徒出陣で徴集され、
空軍の暗号解読に従事していたと聞いています。
終戦が伸びていたら、特攻隊に入る運命でした。

 
そんな父のお尻には、5センチぐらいの銃弾を取り出した跡が残ってました。
消毒液も、痛み止めも無いので、火で焼いたナイフのみで取り出したそうです。
木を口に噛み締め、歯を食いしばって、「痛いか?」って聞かれたら「痛くありません!」と
大声で言いながら耐えた。なんて笑いながら話してくれました。
配給のタバコと交換したお饅頭の美味しかった話など、
面白おかしい話だけは幼かった私達に時々聞かせてくれました。

 
戦争の生々しい話は一度だけ話してくれました、
それは、基地を爆撃された時、
B29の戦闘機を操縦していたのは女性だったこと。
爆音と共に吹き飛ばされ、後ろを振り向いたら
一緒に逃げていた仲間達の姿がなかったこと。
その時、日本が負けると確信したと言っていた。

111

 
沢山の悲惨な体験をしてきたのでしょうが、
それ以上聞くことはできません。「もう話したくない。」と言って。
言葉に出せない程、苦しい体験だったのだといつ頃からか感じていました。

 
でも、母は忘れてはいけないからと、子供の頃から私たちに何度も、
戦争当時の話をしてくれていました。
大切な人を送る側の女性の視点で。
女学校時代の勤労奉仕。気丈な母は、体調崩した妹を、
交渉して背負って連れて帰ったといっていた。
でも、仲のよかった従姉妹は勤労奉仕をしていて体調崩しても帰ることができず、
戻された時には死を待つ状態だったと聞いてます。
叔母さんがいつまでも死んだ娘を離さず泣いていたことも忘れられないと。

 
大好きな兄の戦死。その時祖母は、戦死公報を受け取っても、
涙も見せず、毅然としていたそうです。
でも、自分の死の床で最後に叫んだのは戦死した息子の名前だったと聞いてます。
迎えに来てくれたのでしょうね。
待つ人たちの嘆き。

 
母が東京の下町で小学校の先生をしていた時代。
正しいと思って教えていたことが、
否定され、教科書を真っ黒に墨で塗りつぶした日。
理不尽と思いつつも、洗脳され受け入れていた悔しさ。

 
知らないままではいけない。
危険だ、恐怖だ、だから闘うなんて、言われるままでもいけない。
これだけ情報があるなら、回避できる方法も考えられるはず。
国を動かす人を選んでいるのも私達。

 
身内を誰が戦争に送りたいでしょうか?
NO と言いたい。

 
母から、受け継いだ、大きな想いです。
IMG_0524_1

 
世界では現実として今も戦争がある。
いつでも、犠牲になるのは、一般市民達。

 
これから世界が、どこへ向かうのかせめてこの敗戦の日にでも考えてなければ。
今日の笑顔が、これからも続くように、戦争の悲惨な記憶は、風化させてはいけない。
今あるのは、あの戦争で亡くなり、苦しんだ人たちの土台になりたっていることも
忘れてはいけない。

114

 

今日8月15日 奈良は雨。
高円山の大文字焼きを遠くで見ながら亡き人を偲び、送ります。

 
staff03_murakami
(ムラカミ)


[ ニュース ]
2017.08.12

「風のおべんと」がマルシェに初登場! ※ご予約受付中


9/9sat.開催の風のマルシェに初登場する
風の栖オリジナルのお弁当「風のおべんと」予約スタートです!

bentoweb

体が喜ぶ美味しいものをお届けしたくて、地元の無農薬野菜や、
スタッフたちが自家菜園した野菜を贅沢に使用し、
お味噌も風の栖自家製の自信作を使って。

『塩』ひとつをとっても、スタッフが普段から摂り入れている
鉄分たっぷりの、本当にいいと思うものを。

お米は地元の無農薬玄米を五分搗きにし雑穀とブレンド。
玄米がまだまだ苦手という声も多く、
なるべく多くの方々に美味しく召し上がっていただきたい、
でも栄養もしっかりと…そんな想いを大切にしたくて。

そうしてこの『風のおべんと』が仕上がっていきました。
無理なく美味しく。
食べた後にお腹も心も笑顔になれるようなそんなお弁当を目指して、
お弁当箱ひとつひとつにその想いを閉じ込めました。

 

秋は行楽シーズン♪奈良の美味しい空気と一緒に
外で食べても気持ちのよい季節です。
ぜひ、記念すべき第1回目の「風のおべんと」
召し上がってみてくださいね!

 
数量限定になりますので、ご予約承ります。

 
ーーー

〈メニュー〉
・きのこのペペロンチーノ風とクリームチーズの三角揚げ
・りんごと春菊のキヌア粒マスタードサラダ
・ひじきとひよこ豆の生姜金平
・二色のじゃがいも茶巾
・なす味噌
・雑穀ごはん

ーーー

代金:1,200円(税込)
ご予約はメールかお電話にて承ります。
メールにてご予約の方は、タイトルに【風のおべんと予約】、
本文に【名前、個数、連絡先】を記載の上、送信ください。
shop@kazenosumika.com
TEL:0742-20-6887

※お受け取りは当日の13:00までにおこしくださいませ。


[ ストーリー ]
2017.08.11

海とプールとお魚と


IMG_7549

今年の夏休みは、初めて石垣島とその周辺の島に行った。

空港に着いてレンターカーに乗って少し走り出したときから・・・

わ、わ、わ。

いい、この感じ。
大きな建物はなく、のどかな景色が続く。
さとうきび畑が左右に広がっている。
空気が南国。

今回はいろいろ動くより、ゆっくり海を楽しもうという計画。

・・・だったのだけど、結局は心の赴くまま、海、プール、海、プール・・。
IMG_7008

IMG_7271

IMG_7158

IMG_7465

IMG_7057

ゆっくりどころか、海を見たらテンションがあがる奈良県民の性で、
始終バチャバチャと水三昧な数日間になってしまった。

そんな中でも一番元気なのは4歳の息子で、大人がグッタリしても
「次、行こう!」と。
若いっていいのぉ。

IMG_7585
IMG_7076

夜咲いて、翌朝には散ってしまうというサガリバナという花も初めて見た。
まだまだ不思議で知らないことがいっぱい。
IMG_6991

私はシュノーケリングを初めてやったのは30歳を過ぎてからだったけど、
4歳児、既に使いこなしているし。
「あー、いー、うー、で噛めるねんで」と自慢顔。
いろんなお魚を見られたね。

IMG_7478

夜も、美しい。
波の音に耳を傾ける。
これも奈良県民の夢。

ふと目をあげると、
満天の星。
天の川も見えている。
大きな北斗七星もすぐ見つかる。

 

さて、次の休みは、ニモの映画でも見てみようか。

 

staff02_miyagawa

(ミヤガワ ミ)


[ ストーリー ]
2017.08.05

風のクローゼット vol.14


風の栖は、日々に寄り添い、着るとワクワクするような、
そんなお洋服をお届けしていきます。

 
s

 
オリジナル柄「swimmy」
青紫から緑色へと変化する流れるつぶつぶ模様が
軽やかなリズムを作っている。
まるで海の中の珊瑚礁のよう。

 
大きな一枚の絵のような生地の
一部分を切り取ったお洋服やストール、
小物は世界でひとつだけしか存在しない。

 
爽やかな「swimmy」柄を身に纏うと、
暑さも和らぐかも(?)
きっと、ルン♪とした気持ちになりますよ。

 
sw2

 

swimmyハートネックブラウス:¥17,000+tax *オンラインショップ入荷しました!
swimmyストール:¥8,200+tax *オンラインショップ入荷しました!
トートバック::¥5,000+tax
コサージュ:大¥3,800+tax、小¥3,500+tax
ブローチ:大¥1,100+tax、小¥900+tax


[ ストーリー ]
2017.08.04

チェンマイの時間


c1

 
「泊まってみたい宿があったから」
そんな理由でタイの古都チェンマイに行ってきました。

 
日本からは、1度バンコクで乗り継いで約10時間
空港から外に出ると、予想以上の暑さと湿度に出迎えられます。
宿に向かうタクシーから見る街の様子は、「そうそうこの感じ」
暑い国の街ってどこもあんまり変わらないですよね。
暑さに負けるもんか!と、派手な原色のモノであふれている。
きっとありモノを集めて来ただけなんだろうな..と思うような
チグハグな色の組み合わせも
太陽がジリジリ照りつける街に合っていてかわいらしい。
思わず、パシャリパシャリ。

c2
c3

エネルギッシュな街からは少し離れて、
自然の木々にひっそりと隠されている宿に到着。
さっき通った街からは、考えられないような静けさと、アースカラーの世界….
着いたその日に友人が、
「1日は、何もせずここでボーッとする日にしよう」と言った。

c5
朝、鳥達の鳴き声で目が覚めて、
朝御飯をたべたら、そのままプールサイドへ直行。
プールサイドでは主がお出迎え。
c6

おはようイクラちゃん。(勝手に名付けました 笑)
イクラちゃんはプールサイドが縄張りらしい。
気がつくと私たちの寝転んでいるベンチにちょこんと乗ってきて
そのまま爆睡を始めます。
イクラちゃんの寝相はザ・アクロバティック!

 
そして、部屋に戻ると…

c7

今度は玄関前でタラちゃん(こちらは本名)がちょこんとお出迎え。
扉をあけるとスタスタスタ、じぶんちのようにちゃっかり
クッションにすわってコチラもスヤスヤと寝始めます。
そんなかわいい姿を見ながら私たちも一緒にスヤスヤス…

 
目が覚めるとお昼時間。
何もしてないのに、不思議とお腹は減るもんで

c8
c9
c10

部屋にあるキッチンを使って、昨日の残り物の焼きそばに
マーケットで買ったきのこをたっぷり入れて、ランチタイム。
普段は飲まないビールも、何もしてないからか?最高に美味しい。
そして再びゴロゴロ ゴロゴロ ゴロゴロ….
部屋にはクーラーもなければTVももちろんない。
360度ぐるりとある窓は常に全開で、
葉っぱが擦れる音と動物の鳴く声だけがゆったりと聞こえる。

 
昼間は暑すぎて鳴くのを休んでいた虫たちが一斉に鳴き始めると、
やっと夕方。

 
それから少し散歩して、しっかり夜ご飯を食べたら
「何もせずボーッとした1日」が終了。

 
よく考えたら「やっと夕方」なんて思ったのって何時ぶりだろう?
小学生の夏休み以来かもしれないな。
最近なんて毎日、「わーもう5時やん!」て言っている。
「やっと夕方」と思えることは、言葉ではうまく表現できないけれど
なんだかとても気持ちがよくて、とても貴重で不思議な感じ。
きっとこの場所まで来たから味わえたことなんだろうな。
ありがとう、チェンマイ。

 
不思議なチェンマイ時間を体感しに、またこよう。

 

staff17_nagata

(ナガタ)


[ ニュース ]
2017.08.02

8・9月 休業日のお知らせ


いつも風の栖をご利用いただきありがとうございます。
8・9月 休業日は下記の通りです。

kaze1709
kaze1708

[ ストーリー ]
2017.07.29

風のクローゼット vol.13


風の栖は、日々に寄り添い、着るとワクワクするような、
そんなお洋服をお届けしていきます。

 
30

 
風の栖のハートネックワンピースは、
人それぞれに素敵な着こなしを楽しんでいただける一着です。
今回は、小さいスタッフ、身長の高いスタッフ、ほっそり体型のスタッフの
それぞれの着こなしを提案します。

 

トップバッターは…

 

 
n

 
小さいサイズ感の身長の方には、
逆にオーバーサイズのコーディネートがかわいいんです。
少し大きめに着たワンピースの下にひざっこパンツを忍ばせて
ぶかぶかスタイルを楽しんで。
カーキー&ベージュで、ナチュラルでゆる〜く着こなしました。
ポイントで胸元にブローチを。
足元もパンツとブローチの色に合わせて白サボでかわいくまとめています。

 
31

 

 

 
i

 
身長があって、ほっそりタイプの方は、
シンプルに一枚でさらりと着ると大人っぽい女性に変身。
夏は素足にサンダルでより軽やかに、
光沢のある生地のワンピースでキレイめスタイルを楽しんで。

 
32

 

 

 
s

 
身長が高く、丈が少し短めに感じて足を出すのが…
と言う方には、レギンスやタイツを忍ばせて。
Tシャツに重ね着すると、ワンピースベストのように着られて、
カジュアルコーデを楽しめます。
ラウンドネックの襟を前にしたら、女性らしく柔らかい表情に。

 
33

 

 

こんな風に、それぞれに合った着こなしを楽しめるのが
うれしいハートネックワンピースです。
色や生地感によっても雰囲気が違うので、
ぜひ試してみてくださいね!

 

*モデル着用
ハートネックワンピース:¥19,000+tax


[ ストーリー ]
2017.07.28

夏の約束


こんちきちん
この音が聞こえてくると
ああ今年も夏が来たんだな…と確認する。

 
だけど、私が毎年一番楽しみにしているお祭りは
祇園祭のちょっと後。

 
地元の人が涼を求めてこぞって足をはこぶ
小さなお祭。

 
中学生のころから毎年一緒にいっている友達と今年もお祭に向かおうとしたら
両親からの電話

 
「お祭に来てるから、何か買ってあげるよ!」

 
私が子供の頃一緒に行ったきりで、お祭に足を運ぶような親ではないのに、前日にお祭に行くと電話で言っていたからか、会う口実に出てきたみたいだ。
胸がほこほこした。

 
こうして小さなお祭を私の親と友達とまわることになった。

 
まずは腹ごしらえ!
お祭はしょっぱい、甘い、しょっぱい、甘いの
繰り返しで食べるのが私達のルール
ちなみにしょっぱいで終わるのが好き

 
ざくざくざくとじゃり道を歩いて気づく

 
hibitane1

 
あら、二人とも足元はNAOT
じゃり道を歩いても
靴底が厚いから革部分がほとんど白くならなかった。
やっぱりどこでもこの靴が大活躍

 
さて腹ごしらえが終わったらこの祭りのメイン!

 
神社の方に向かう

 
hibinotane2

 
小さい頃から馴染みのある神社だけど
やっぱりきれいな門構え

 
神社の奥にある池に足をぐんぐん進めて
靴を脱いで…
ろうそくを片手に池に入っていく

 
hibitane3
ひゃー冷たい!

 
ろうそくに火をつけて
少し長めの池の中を歩く歩く
一年の健康を願うお祭り

 
hibitane4

 
深いところは大人の膝くらいまで。
子供なんて水浴び状態
大人も子供もきゃっきゃっと声をあげて楽しんでいる。

 
hibitane5

 
最後はそっとろうそくを立てておしまい

 
ああこれで
今年も一年きっと健康で過ごせる

 
ひんやりした足をふいて、
またNAOTの靴に足をいれる。

 
帰り際、両親からたくさんお土産をわたされて
また胸がほこほこして、
来年も声かけてみようかな、なんて。

 

 
約束しているわけでもないけれど
毎年同じ人と同じお祭にいって同じようにまわって
いつの間にか10年くらい続いている。

 
きっとまた来年も再来年もこうやって
お祭に行くんだろうな。

 
来年のお祭を楽しみに過ごす。
それだけで、一年きっと健康でいられそう

 

 
staff_sakamoto
〈サカモト〉


[ ニュース ]
2017.07.22

【雑誌掲載情報】OZ magazine 8月号に掲載いただきました


64d7e29175b641ceacffa171d141c321

「OZ magazine」8月号に掲載いただきました。
今月のテーマは中央線さんぽ。
風の栖の定番ひざっこパンツ
モデルのkanocoさんが素敵に履いてくださっています!
ぜひ足元にも注目してみてくださいね。


カテゴリー

アーカイブ