風の便り
2016.09.15 日々

白露と郷愁

SONY DSC

8月の31日に、小学生くらいの男の子を連れて
親子できてくれたお客さまがいました。

お話をする中で、
夏休み最後の日ですね。
というと、くもる息子さんのお顔。
ありゃ、これは悪いこと言いましたね~!
と重ねると、笑顔を見せてくれました。

お客さまと別れ、
ふと小学生の頃の夏休みの過ごし方に思いを巡らせました。
朝は早起きしてラジオ体操。
夏休みの宿題。
絵日記。
読書感想文。
図画工作。
遊びもいれると、なんだかやることがたくさん。。。
小学生って忙しい。
8月末になるとそりゃ顔もくもりますよね。
ふとまた考える。図画工作って何をしていたっけ、、、?
割り箸だけで何かを作ったり。
牛乳パックで何かを作ったり。実にアート。
なんだか何かを作りたくなってきてしまいました。
お店には和紙がある!和紙で何か出来そう!

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

和紙のランプシェードらしきもの。

汚れおかまいなしでボンドまみれになった
手の感触になんだか懐かしさを感じたり、
濡れて透けた紙をみて浮かんできた、張り替えた障子紙の並ぶ情景。

何かをつくるということは、いくつになっても楽しいことです。完成度はさておき。

なんだかノスタルジックに締め括れそうな夏のおしまいです。

(ナカムラ)


一覧へ戻る

カテゴリー