風の便り
2016.09.29 日々

そぞろ、ならの夜

tuki
ある日の帰り道。
商店街の喧騒に混じって聞こえてきた
かすかな雅楽の音色。

にぎやかな通りから続く細い路地をのぞくと
奥の建物にあかりが灯り、人が集まって
なにやら神事が行われているのでした。

日常の隣に不意にあらわれて
そこだけ時が切り取られたような光景。
普段はひっそりと街に沈んでいる場所で
年に何度か行われているらしい
まちなかの神事に出会うたび、
迷路の入り口みたいな光と音楽に惹かれて
足を止め、耳と目を凝らしてしまいます。

ならまちは早く閉まるお店さんが多く、
夜が早いと思いがち。
けれど時たま、長い夜もある。
いつもと違う街の顔に出会う、夜のそぞろ歩き、
たまにはいいですね。

(タニグチ)


一覧へ戻る

カテゴリー