風の便り
2018.10.12 日々

美味しい季節

あれよあれよと、気がつけば秋ですね。
スーパーの外には、柿に栗にさつまいも…秋の野菜や果物が並んでます。
旬のものは活き活きしていて見てるだけでも美味しい。
そして、色も形も香りも味も全てが、「秋」なのです。
 

 
少々手間がかかっても、旬の美味しさには変えられないと、初めての栗の渋皮煮に挑戦しようと手に入れた栗。
何回も洗ってあく抜きしているうちに、お腹がぐうぐう鳴りだして…
急遽半分は栗ご飯になりました。
 

 
栗の外皮を剥いて、渋皮の筋を丁寧に取って、何度も湯がいて渋を抜いて、たまに芋虫さんと、こんにちは…
2mmくらいの小さな虫を見つけるたびに心臓飛び出そうなくらいビクつきながらも
美味しいってこと!と言い聞かせながら手間暇かけた、慣れない栗仕事。
 


 
丁寧に作ったから、いつもよりも時間をかけて食べました。
季節のものを食べると身体が喜んでいるのがわかります。
だって、もぐもぐと噛みながら、目が線になるほど顔がほころんでいるから…
 
あ〜おいしかった。
ごちそうさまでした。
 
staff17_nagata

(ナガタ)


一覧へ戻る

カテゴリー