風の便り
2019.02.02 日々

奈良町 ちょっと高いところからこんにちは。

晴れた日には布を干します。
乾燥したこの季節。お日さまが見えていればカラッと乾いて気持ちがいい。

奥に見えるは若草山、興福寺の五重塔。
低い家屋の並ぶ奈良町は、少し高いところに登るだけで、一大パノラマ。奈良が見渡せます。


年を通して一番寒いこの時期に行われる若草山の山焼き。
山裾までは見ることができないけれど、冬の澄んだ空に上がる花火はバッチリ見ることができるんです。
冬の花火もいいものですね。


しとしと・・と細長い雨が降った翌朝は、山々も一面雪化粧。んん〜いい景色。
うっすらと白くなった山々と、あつ〜い雲、チラッと見える青空がすがすがしくって、普段よりも奥行きを感じます。


今日はカラッと晴天です。
いつも見ている家々と、そのさきの丘のような山。
見慣れた景色だけれども、毎日コロコロ変わるこの季節。流れる雲がなんだか美しい。

<ナカムラ>


一覧へ戻る

カテゴリー