風の便り
2019.11.16 日々

冬の贈り物

先日、大阪の実家に帰った際に母の友人から私へと、贈り物をいただきました。
私の肩くらいまである大きな包み紙を開けると…


なんと干し柿と、吊るす為の木の棒

こんな贈り物初めて! と、思わずビックリ
小さい頃からよく知っていて、食欲旺盛な私にいつも美味しいものをくださる母の友人
干し柿と木の棒を見て、私へ…と思ってくれたのかと思うと嬉しく、いい歳になったんだなと実感…笑
そして、こんな季節の贈り物をサラッとしてくれるのがカッコイイ。

大阪から奈良まで柿を担いで帰る間、温かく幸せな気持ちになりました。


写真はイメージですが…
早朝に撮影しているとご近所さんに 「あら、今から行商?」 なんて声をかけられたり。
そんなならまちも温かい

昔は食べられなかった干し柿が、今では大好物。
そのままかじりついたり、クリームチーズと一緒に食べたり、おかずにしたり…
スタッフがなますを作ってくれるそう!
色々想像すると、よだれが出てきます。

冬の美味しいを、いただきます

 
staff17_nagata

(ナガタ)


一覧へ戻る

カテゴリー