風の便り
2020.02.09 よそおい

いくつになっても着たい服。襟付きボートネックブラウス

小さな襟が女性のかわいらしさを引き立てる、風の栖の定番ブラウス。
年齢や体型をあまり気にせずに着れると、20代~80代の方まで幅広い年代の方からうれしい声をいただいています。

ほどよく広がるAラインと繊細なギャザーがふんわり柔らかい雰囲気に。かたちもシンプルなことから風の栖スタッフ内でも人気のこのブラウス。
今回は、よくいただく「お客様の声」やスタッフの感想とともに年代別にその特徴をご紹介します。

 
お母さんと娘さん、親子でシェアできるブラウス
20代 スタッフ辻村(170cm)

10代や20代の世代の方にとってはこのブラウスは少しだけ、いつもより上質なブラウスにうつるかもしれませんが、「実は、お母さんとシェアして着ています!」といううれしい声をよくいただきます。
前後ろを逆にしてロールカラーで楽しめますので、お母さんは前にギャザーを持ってきて、娘さんは前にボタンを持ってきて、などそれぞれの楽しみ方で着ている人が多いんです。

お母さんから娘さん、そしてそのお子さんまで…
世代を超えても長く、一緒に、着たくなるブラウス。そういう洋服が1つでもあると、親子の間での楽しみが広がるかもしれませんね。

 
ほんのりかわいく、ほどよくオシャレに。
40代 スタッフ宮川(159cm)

風の栖には30代〜40代のスタッフが多いのですが、みんな口を揃えてこのブラウスのことを「着やすい!」と言います。
一見、「かわいくなりすぎないかな..」と思う方が多いのですが、組み合わせ次第で、大人っぽくもなるのです。
スタッフの宮川がよく着ているのは、ひざっこスリムパンツとの組み合わせ。
ブラウスのふんわりしたシルエットと、裾がキュッと絞られるパンツが全体的にコーディネートにメリハリをつけてくれます。

また、上にベストを合わせて丸襟を出してみるとほんのりかわいく、ほどよいオシャレがチラつくコーディネートの完成です。

宮川はこのブラウスを着ると、「かろやかな気持ち」になると言います。特に季節が冬から春に移り変わるとき、このブラウスを着たくなるのだそう。
それは、季節があたたかくなるワクワク感と、このブラウスがもつ柔らかな雰囲気が気持ちをかろやかにしてくれるのかもしれませんね。

このブラウスから、「ほんのりかわいい」を始めてみませんか?

 
大人っぽい女性らしさ、懐かしい記憶。
60代 スタッフ村上(163cm)

年齢を重ねると、首元・手元・体型など世代ごとに着たい洋服や悩みは変わっていくもの。
そんな中でも、50代以降の方にこのブラウスは長年支持され続けています。
風の栖のオーナー村上はこのブラウスを「大人っぽい女性らしさ」を楽しむブラウスだと言います。
チラリと見える鎖骨や手首、柔らかくふんわり入ったギャザーが女性らしい身体のラインを引き立てる。そしてさりげなく、体型カバーも叶えてくれる。

これは昔、憧れの女優さんが着ていたような…懐かしい記憶が蘇ってくる、そんなブラウスでもあるかもしれません。
いくつになっても女性らしさは永遠に。そんな願いもさりげなく叶えてくれる洋服。

クローゼットに1枚忍ばせてみてはいかがでしょうか。

 
今回ご紹介した襟付ボートネックブラウスはオンラインショップにてお取り扱いしています。


一覧へ戻る

カテゴリー