風の便り
2020.07.05 よそおい

アクセサリーと、笑顔


 
アクセサリーをつける時ってどんな時ですか?
 
今日は可愛く行くぞ!って時
気合いを入れたい時
気分転換したい時
いつもの服をちょっと遊びたい時
もうワンポイント欲しい時
乙女心上昇中の時…

 
人それぞれ色々あるけど、アクセサリーを身につける瞬間ってちょっとワクワクしませんか?
そして、つける前とつけた後では自分の顔も、洋服も全然違う表情になっていたり。
小さいのに、ちょっと気分を上げてくれる心強い味方です。
 
今回は風の栖の乙女心をくすぐる洋服たちを、さらに素敵に演出してくれるアクセサリーたちをご紹介します。
ひとつひとつ丁寧に作られた作家さんのアクセサリーは、身につけたときに手作りの温度感も感じられ、きっと表情もゆるんじゃいますよ。
 
 
【温かみのある木で作られたブローチ】

焦がし絵という技法で、植物や鳥などを繊細な点と線で描いてます。
モノトーンの小さな世界に命が宿っているような、優しい表情や空気感を感じる事ができるブローチです。
(2,000〜3,800円+tax) 只今オンラインショップにも登場中!
 
【真鍮のブローチとピアス】

真鍮は、時間が経つと少しずつ色が変化していきます。どんな風に変わって行くのかはまだわからないけど、私たちはその変化を、“自分だけのモノ”として楽しみます。え!?と驚くような繊細な彫りが入ったブローチはつけた時の自分にうっとりです。
(3,000〜6,000円+tax)
 
【寄木のブローチ】

赤、茶、黄、ベージュ、オレンジ色…これ、全て自然の木の色なんです。
自然の色って本当に美しくて力強いですよね。
そして洋服の邪魔をしないのが嬉しい。
作家さんの丁寧で細かいモノづくりから生まれる芸術的なブローチです。
(2,500円+tax)
 
女の子って、昔からシールを集めたり、海辺の貝殻を集めたり、綺麗な小石を集めたり、落ち葉を集めたり…
小さいものを収集するのが好きですよね?
アクセサリーもそのひとつ、お気に入りが加わるたびにニヤニヤ。
そして、身につけた時の自分の顔はきっと笑顔ですよ。


一覧へ戻る

カテゴリー